Googleロゴ
カスタム検索

2018-07-18

結婚式でのOasisのオススメ曲・BGM特集

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#177
ギャラガー兄弟を中心に結成されたイギリスの国民的ロック・バンドであり、全世界でのCDのトータルセールスは1億枚を超えるOasis(オアシス)。重厚なギター・サウンドと、どこか哀愁の漂う雰囲気が印象的です。渋くカッコイイ彼らに憧れ、ギターを始めたご新郎もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなOasis(オアシス)の結婚式でのオススメの曲をご紹介したいと思います。
『Whatever(ホワットエヴァー)』
「俺は自由になんだってやれるんだ」という内容で、歌詞そのものは結婚式向きというわけではありませんが、とっても人気がある曲なんです。それは聴くと納得されるハズ!ストリングスとエレキギターという一見対照的に思える2つの楽器が織りなすサウンド、美しいメロディー、力強いボーカルは素晴らしいものがあります。ソニー「VAIO」のCMをはじめ、数多くのCMやTV番組でも起用されていたので知名度があるのもポイント。
「退場」のシーンや「送賓」のBGMにオススメです。  

『Don't Look Back in Anger(ドント・ルック・バック・イン・アンガー)』
つづいても歌詞の内容は結婚式向きというわけではないのですが(笑)、結婚式で人気のある曲です。そして理由も同じで、とにかく楽曲が素晴らしい!哀愁の漂うバンド・サウンドが聴いた人の心をつかんで話さないOasis(オアシス)の名曲です。
「送賓」のBGMにオススメです。  

『Digsy's Dinner(ディグジーズ・ディナー)』
「一緒に食事をしようよ 女王さまみたいに扱ってあげるから」という、好きな人とのほんわか甘い時間を思わせる曲です。弾むようなリズムが印象的なギター・ポップ。自然と手拍子が起こりそうな曲ですね!
「ギフトサービス」「フォトサービス」のシーンにオススメです。  

スポンサーリンク
『Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)』
ノエルが慣れない自炊をしたことで体調を崩したことをきっかけに作った曲。「夢を追う自分についてきて欲しい」、そんな想いをちょっぴりツンデレのような表現で描いたラブ・ソングです。感動を誘う素晴らしいメロディーと、重厚なギター・サウンドがかっこいいロック・バラード。
「ギフトサービス」のシーンにオススメです。

『She Is Love(シー・イズ・ラヴ)』
「彼女は“愛”なんだ」という、とにかく“愛”を叫ぶ、彼らにしてはめずらしくシンプルでストレートなラブ・ソング。サラッと軽やかなサウンドも印象的です。
「ギフトサービス」のシーンにオススメです。

まとめ
Oasis(オアシス)の曲は歌詞の解釈が難しいものがわりと多く悩むところではあるのですが、楽曲の素晴らしさは間違いありません!
「歌詞の内容はそこまで気にしない」というおふたりや、洋楽好きのおふたりからは人気があるOasis(オアシス)。ぜひ1度チェックされてみてください!  
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ