• コラム
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 今週の最新曲
  • ウィームBlog
  • ウィームRecommend
  • ウィームReal Voice
  • ウィーム余興
  • ウィームColumn

教会での挙式時に流したいオススメ曲まとめ

更新日:  公開日:
39626 Views

新郎入場

挙式の最初の入場シーンです。起立をしたゲストに見守られる中、ご新郎は祭壇までゆっくり進みます。胸に決意を秘められたご新郎様にピッタリな、落ち着いた中に力強さがある曲がオススメです。

『Trumpet Voluntary(トランペット・ヴォランタリー)』Jeremiah Clarke(ジェレマイア・クラーク)

もとは、「デンマーク王子の行進曲」という、Jeremiah Clarke(ジェレマイア・クラーク)が作曲したチェンバロ曲。そちらをHenry Purcell(H.パーセル)がトランペット用に編曲をし、有名になった曲です。「ヴォランタリー」とは、イギリス国教会の礼拝で用いられるオルガン曲のことです。  

『Trumpet Tune and Air(トランペット・チューンズ・アンド・エア)』Henry Purcell(ヘンリー・パーセル)

トランペットの音色が、華やかさと勇ましさを与える曲です。前を見据えて歩くご新郎様が、よりいっそう頼もしく見えますね。

『The Rose(ローズ)』Westlife(ウエストライフ)

Bette Midler(ベッド・ミドラー)で有名な「The Rose(ローズ)」を、アイルランド出身のボーカル・グループWestlife(ウエストライフ)がカバーしたもの。披露宴でも感動的なシーンで人気の曲です。やさしいメロディーに、美しいハーモニーが響き渡ります。  

新婦入場

ご新婦様は、お父様もしくはご親族の方と腕を組みながら入場します。チェペルの扉が開くと、祭壇の前には愛するご新郎様が待っています。ご新郎様のもとへ向かう時間は、幼いころの想い出や、感謝の気持ち、いろんな想いが胸をよぎる、短くも長い特別で大切な時間。ぜひ、やさしさや美しさのある曲がオススメです。

『Ave Maria(アヴェ・マリア)』シューベルト

Ave Maria(アヴェ・マリア)とは、ラテン語で「おめでとう、マリア」を意味します。厳かな雰囲気にピッタリな、そして、美しいご新婦様をよりいっそう美しく魅せる、挙式で人気の曲の1つです。  

『AMAZING GRACE(アメイジング・グレイス)』

アメリカ合衆国で最も慕われている賛美歌。Ave Mariaと並んで人気のある曲です。Hayley Westenra(ヘイリー・ウェステンラ)、Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)、Il Divo(イル・ディーヴォ)など、さまざまなアーティストがカバーしているので、ご自身のイメージに合った「AMAZING GRACE(アメイジング・グレイス)」を選んでくださいね。  

『Nella Fantasia(ネッラ・ファンタジア)』Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)

エンニオ・モリコーネ作曲の「ガブリエルのオーボエ」にイタリア語の歌詞を付けたもの。やさしく品格のある曲です。こちらもCeltic Woman(ケルティック・ウーマン)、Il Divo(イル・ディーヴォ)をはじめ、さまざまなアーティストがカバーしています。  

『Far away(彼方の光)』Libera(リベラ)

NHK土曜ドラマ「氷壁」の主題歌に起用され、少年合唱団Libera(リベラ)が日本で知られるきっかけとなった曲です。自然と涙があふれるような美しい歌声がチャペルに響き渡ります。  

スポンサーリンク

式中(指輪交換、ベールアップなど)

指輪交換やベールアップのセレモニー中のBGMは、厳かな雰囲気を保てる、落ち着いた曲がオススメです。

『G線上のアリア』J・S・バッハ

品格のある美しいメロディーが印象的な曲で、結婚式で人気のクラシック曲の1つです。  

『Ave Maria(アヴェ・マリア)』グノー

シューベルト、カッチーニと並ぶ3大「Ave Maria(アヴェ・マリア)」の1つ。こちらは、落ち着いた中にも華やかさがあります。  

『Sanctus(サンクトゥス)』Libera(リベラ)

NHK土曜ドラマ「氷壁」の主題歌に起用され、少年合唱団Libera(リベラ)が日本で知られるきっかけとなった曲です。自然と涙があふれるような美しい歌声がチャペルに響き渡ります。  

退場

愛を誓い合ったお2人の門出を祝福する、華やかで明るいイメージのある曲がオススメです。

『Time To Say Goodbye(タイム・トゥ・セイ・グッド・バイ)』Sarah Brightman(サラ・ブライトマン) & Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)

結婚式で人気の曲ですが、一方でタイトルだけ見ると「別れの曲」だと思われることもあります。この曲の原題「コン・テ・パルティロ」とは、イタリア語で「君とともに旅立とう」という意味で、邦題でも「君と旅立とう」というタイトルになっています。2人で明るい未来に旅立つとても前向きな曲なので、特に挙式や披露宴の退場曲にはふさわしい素敵な曲です。  

『PM's Love Theme』Craig Armstrong

映画「ラブ・アクチュアリー」で使用されている曲です。力強く壮大なサウンドが、挙式の退場シーンを華やかに飾ってくれます。  

挙式後セレモニー

挙式の後にフラワーシャワーやブーケトスなどの演出を行うこともあります。挙式の緊張が解けるころかもしれません。幸せな笑顔がはじけるシーンにふさわしい、明るい曲がオススメです。

『Ain't No Mountain High Enough(エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ)』Whoopi & The Cast

映画「天使にラブソングを2」のサントラに収録されています。パワフルなゴスペルがお2人を祝福してくれる、フラワーシャワーのシーンにピッタリの明るい曲です。  

『Still Dreaming』Q;indivi starring Rin Oikawa

キラキラしたサウンドが、幸せいっぱいの笑顔にピッタリ!ゲストにもたくさんの幸せのお裾分けができること間違いなしです。  

まとめ

神聖で厳かな雰囲気の教会式にオススメの曲をご紹介いたしました。ご家族やゲストからの愛と、素敵なBGMに包まれながら、愛する人と永遠を誓い合ってくださいね。
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク