Googleロゴ
カスタム検索

2018-11-26

個性的な結婚式にしたいアナタへ。メタルロックの曲まとめ

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#212
激しいサウンドが魅力のメタルロック。お好きな方もきっといらっしゃるハズ!ですが、結婚式で使うとなると……悩んじゃいますよね?確かに激しすぎるものは避けた方が無難ですが、中には結婚式に流せるメタルロックもあるんです!ほかの人があまり使わないからこそ、おふたりの個性が出せるジャンルでもあるメタルロック。
今回はそんなメタルロックの中から結婚式でオススメのものをご紹介いたします!

洋楽

『Sweet Child O' Mine(スウィート・チャイルド・オブ・マイン) / Guns N' Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ)』
イントロのギターにグッと引き込まれるガンズの人気ナンバー。美しいメロディーラインで、多くの方が聴きやすい曲だと思いますよ!メタルロックのアーティストを使いたいけど、ゲスト受けが心配な方にもピッタリ。その一方で、キャッチーだけれどガンズらしい独特の世界観も感じられる曲です。
オススメのシーンは、「お色直し入場」「ギフトサービス」。ドアオープンは歌い出しがオススメです。  

『Welcome to the Jungle(ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル) / Guns N' Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ)』
ガンズからもう1曲。映画「ダーティハリー5」のサウンドトラックで使用された曲。ワイルドな歌詞に野性味あふれるボーカル、猛獣のように唸りを上げるギターは、「これぞガンズ!」ともいえる最高傑作!
オススメのシーンは、「お色直し入場」「ギフトサービス」「フォトサービス」。ドアオープンは33秒あたりがオススメです。

『Intuition(インテュイション) / TNT(ティー・エヌ・ティー)』
北欧メタル最初期を代表するTNTのヒット・ナンバー。トニー・ハーネルの澄み切ったハイトーンヴォイスに、エッジの効いたギターサウンドが爽快な曲。キレイな曲なので使いやすいと思いますよ!
オススメのシーンは、「入場」「ケーキ入刀」「お色直し入場」「ギフトサービス」「フォトサービス」。ドアオープンは14秒あたりがオススメです。

『Kickstart My Heart (キックスタート・マイ・ハート) / Mötley Crüe(モトリー・クルー)』
LAメタル界を代表するモトリー・クルーの人気ナンバー。ヘヴィなロック好きにはたまらないノリノリのギターサウンドが最高に気持イイ!聴いているうちに、いつの間にかゲストもノリノリになっちゃうかも♪
オススメのシーンは、「お色直し入場」「ギフトサービス」「フォトサービス」。ドアオープンは21秒あたりがオススメです。

『Forever(フォーエヴァー) / Skid Row(スキッド・ロウ)』
1980年代のLAメタル・ムーブメント末期にメジャーデビューし、早々と人気を得たスキッド・ロウの隠れた名曲。ファンの間ではとっても高い人気を得ています。シンプルながらもエネルギッシュで、とにかくカッコイイ!
オススメのシーンは、「お色直し入場」。ドアオープンは11秒あたりがオススメです。

スポンサーリンク

邦楽

『SHOW MUST GO ON! / ANTHEM』
1980年代初期から活動し、日本のメタル界で重要なバンドのひとつ。パワーみなぎる王道のメタルサウンドにしびれます!
オススメは「お色直し入場」。ドアオープンは15秒がオススメです。

『Over The Future / BABYMETAL』
「アイドルとメタルの融合」をテーマに、海外でも高い支持を得ているベビメタ。「これぞアイドル!」ともいえるキュートな彼女たちの歌声とハードなサウンドが、ベビメタならではの世界観を作り上げている1曲。
オススメのシーンは、「お色直し入場」。ドアオープンは、出だしのサビの後、ドラムが入ってくるあたりでバッチリ決めちゃいましょう!

『青天の三日月 / 陰陽座』
王道のメタルサウンドに和の世界観を合わせた独自のスタイルを持つ陰陽座の16thシングルで、「ぱちんこCR乱戦BurST!」主題歌として書き下ろされた曲。イントロの尺八の音色と、ハードなメタルサウンドがカッコイイ!男女ツインボーカルですが、どちらの声も伸びやかでとっても聴きやすいですよ。和装でのメタルロックをお探しのカップルに♪
オススメのシーンは「お色直し入場」。ドアオープンは13秒がオススメです。

まとめ
インパクトが強いメタルロックは、「お色直し入場」で使うとよりゲストに強い印象を与えることができると思います。ご披露宴のメリハリも付けられちゃいますよ!
曲によっては、あまり長い時間流すとゲストに負担を与えてしまうこともあるので、そこだけ気をつけて、ぜひ、ほかの人とは違うおふたりの個性あふれるご披露宴を演出してくださいね♪
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ