トップ
シーン
ドレス
ジャンル
Googleロゴ
カスタム検索

2019-11-19

披露宴をドラマチックに!結婚式で使えるミュージカル映画『RENT』のBGMまとめ

WRITER:funnycocoon
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#242
1996年2008年までアメリカのブロードウェイで上演され、ハリウッド映画化もされた作品『RENT』。物語の舞台や登場人物は、社会問題として深く考えさせられるテーマが主軸に置かれていますが、劇中で歌われる「今を生きる大切さ、つらく悲しいときもお互いを深く愛する気持ちの美しさ」は、強く印象に残ると思います。今回は、そんな『RENT』の曲から、結婚式でオススメの曲を紹介します。
『Out Tonight』
軽快なロックビートで始まるこの曲は、家にこもっている男性を、女性が『今夜は遊びに出かけましょう!』と誘い出すシーンで使われています。物語の登場人物のキャラクターゆえに歌詞は少し刺激的ですが、明るく声をかけて、相手の気持ちを切り替えさせるという歌は、これから結婚式を経て、長く連れ添う夫婦が円満に続く秘密の一つになるのではないかと思います。ケーキや中座で、元気にかっこよくキメたい方にオススメです。

『I'll Cover You』
『二人で一緒に住もう。持っているものは少ないけれど、貴方への愛は沢山あるよ!貴方を守るから』という内容の歌を、ミディアムテンポのリズム&ピアノが楽しげに寄り添っている曲です。披露宴が始まる前の迎賓や、少し落ち着いた雰囲気でケーキのシーンを演出したい方にオススメです。
 

『I Should Tell You』
『お互い隠していた秘密を、初めて相手に打ち明ける』ことで、劇中のカップルの愛が深まるシーンで使われているスローバラードです。冒頭から結びまで落ち着いたテンポで構成されている曲なので、晴れやかに新郎新婦様が退場した後のしっとりとした送賓などにオススメです。

スポンサーリンク
『What You Own』
『僕は、自分自身のために!』と、男性キャストが力強く歌うロックナンバーです。「自分自身の為に」と歌っていますが、劇中では「相手の為にあえて距離を置いた恋人」や「納得できないのに、やらされていること」といったモヤモヤした気持ちに決別し、未来に向かって前に進もうとシーンで使われています。男性が決意して動き出す曲なので、新郎中座など、男前にシーンを彩りたい方にオススメです。

『Love Heals』
結びにご紹介するのは、直接『RENT』の劇中では使われていないのですが、『RENT』全体のイメージナンバーのような形で、映画版サウンドトラックにボーナストラックとして収録されているコーラスナンバーです。穏やかなイントロから徐々に盛り上がっていき、『辛いことがあっても、愛が癒してくれる』と高らかに歌い上げるこの曲は、退場後のエンドロールでオススメです。

まとめ
いろんな視点で、前向きに考えることが大切!
劇中の舞台や登場人物の背景がとても深く、歌詞の解釈も色々ありましたが、これから結婚式を迎えて末永く暮らしていく中で、喜びや悲しみも、違う環境で育ってきたお二人だからこそ超えられ、一緒に受け止めて歩んでいけるような曲を選んでみました。ぜひ、聞いてみてくださいね。

お二人の幸せのお手伝いができれば、幸いです。  
WRITER
ライター
筆者:funnycocoon
高校生の頃から舞台演劇の音響を始め、ブライダル業界では2年ほど音楽の演出に携わっておりました。好きなことは今昔問わず、音楽や文化を探して研究すること。結婚式を迎える皆様のお力になれれば良いな、と思います。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ