Googleロゴ
カスタム検索

2018-07-06

結婚式での久石譲のオススメ曲・BGM特集

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#170
日本の作曲家、編曲家、指揮者、ピアニストである久石譲さん。数多くの映画、テレビ、アニメ、CMの曲を手がけ、とくにジブリ映画では欠かせない存在となっていますよね!もちろん、ジブリ映画の音楽以外にも素敵な曲がたくさんあります!
ということで、ここでは久石譲さんの結婚式でのオススメ曲をご紹介したいと思います。
『Summer』
北野武監督の作品、映画「菊次郎の夏」のメインテーマ。トヨタ・カローラのCMソングにも起用されていたので、多くの方が耳にしたことがある曲だと思います。懐かしい日本の夏が目に浮かぶような、ノスタルジックで美しい旋律が印象的。
「迎賓」や「歓談」のBGMにオススメです。いくつかのアレンジが存在するので、いろいろと聴き比べてお好みのものを選んでくださいね。  

『Spring』
ちょっと聴いただけど『Summer』と区別がつきにくいかもしれませんが、よぉ~く聴くとそのタイトルにも納得。軽やかでキラキラとしたピアノの音色が、のどかな春を思わせます。
ゲストをやさしく迎えてくれるこちらの曲は、「迎賓」のBGMにピッタリ。タイトルは『Spring(春)』ですが、季節を問わずオススメですよ。  

『Angel Springs』
ピアノとストリングスのシンプルな構成ですが、とっても壮大な曲です。やさしくも力強いメロディーは、これから始まる未来へのおふたりの決意を表しているかのよう。
ちょっぴり哀愁も感じるこちらの曲は、「両親への花束」にオススメです。  

スポンサーリンク
『Oriental wind』
サントリー「伊右衛門」のCMソングでもおなじみですよね。オリエンタルな雰囲気の中、やさしく、ときに激しく奏でられるオーケストレーションが印象的な曲。
「迎賓」のBGMにオススメです。和装のご披露宴にもピッタリですよ。  

『アシタカとサン』
映画「もののけ姫」より。オーケストラをバックに奏でられるピアノのやさしく切ない音色がとっても感動的。
「両親への花束」にオススメです。アルバム「もののけ姫 イメージアルバム」と「もののけ姫 サウンドトラック」でアレンジが違い、「もののけ姫 イメージアルバム」のほうが華やかさがあります。お好みで選んでくださいね。  

『風のとおり道』
映画「となりのトトロ」より。どこかエキゾチックで神秘的なのに懐かしさを感じる、とっても不思議な魅力を持つ曲。イントロが流れた瞬間、会場の空気を変えてしまう力も持っています。 オススメのシーンは、「新婦中座」「お色直し入場」。ドアオープンは17秒がオススメです。和装にもピッタリですよ!  

まとめ
久石譲さんの曲は、初めて聴く曲でも「どこかで聴いたことがある気がする」と思える曲が多いのも特徴的。そして、そのどれもが日本の人の心をグッとつかむ“懐かしさ”があるのも魅力の1つ。
多くの人の心にその印象を深く残す久石譲さんの曲は、ご披露宴をより素敵に彩ってくれること間違いなしです!  
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ