Googleロゴ
カスタム検索

2018-07-17

ハワイアンウェディングを予定しているアナタへ!結婚式でのハワイアン・ソング特集

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#176
結婚式の会場としても、新婚旅行先としても人気があるハワイ。ハワイアンウェディングに憧れる女性も多く、実際に現地で式を挙げられなくても“ハワイ”をテーマにした結婚式を行うカップルも多くいらっしゃいます。
ここでは、そんなハワイアンウェディングにピッタリな曲をご紹介したいと思います♪
『Ke Kali Nei Au(ケカリネイアウ)』
ハワイのウェディング・ソング。「私は待っている」という意味のこの曲は、教会でヴァージンロードを歩いてくる新婦を待つ新郎をイメージしたといわれています。『The Hawaiian Wedding Song』として、英語詞でも多くのアーティストにカヴァーされ親しまれています。
しっとりとやさしいメロディーで、ハワイをテーマにした人前式での「入場」曲にピッタリ!もちろん、ご披露宴での「入場」「お色直し入場」にも。ドアオープンのタイミングは、使用するアーティストやアレンジによってさまざまなので、担当のスタッフとご相談ください。  

『Somewhere Over the Rainbow(虹の彼方に) / Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole(イズリアル・カマカヴィヴォオレ)』
ハワイを代表するシンガー、イズリアル・カマカヴィヴォオレが不朽の名作『虹の彼方に』をカヴァー。幸福感に満ちた美しい歌声が、おふたりの幸せな1日を祝福してくれます。
「迎賓」のBGMにオススメです。

『Aloha E Komo Mai(アロハ・エ・コモ・マイ) / Jump5(ジャンプ5)』
ディズニー「リロ&スティッチ」より。南国ハワイの楽しげな雰囲気が感じられる、とびっきり明るいナンバー!何かが飛び出すようなインパクトのあるサビから始まるので、一気に会場を盛り上げられますよ。歌詞の中に出てくる“Ohana(オハナ)”は、ハワイ語で“家族”を意味します。新たな家族が誕生する結婚式にピッタリですね!
「乾杯」「ギフトサービス」「フォトサービス」のシーンや、「迎賓」「歓談」のBGMにオススメです。

『UNDER THE SEA(アンダー・ザ・シー) / KINA & KALANI (キナ&カラニ)』
ディズニー「リトル・マーメイド」より。結婚式でも大人気の『Under The Sea』をハワイ出身の兄弟、キナ&カラニがカヴァー。爽やかなハワイアン・ソングにアレンジされたこちらの曲は、ご披露宴を明るく楽しく盛り上げてくれます。
「乾杯」「ギフトサービス」「フォトサービス」のシーンにオススメです。  

スポンサーリンク
『I'm Yours(アイム・ユアーズ) / Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)』
キリンビール「グランドキリン」CMソングにもなった、ジェイソン・ムラーズの大ヒットナンバーです。リゾート感のあるほのぼのとしたアコースティック・サウンドは、ハワイアンウェディングにもピッタリ!
「ギフトサービス」「フォトサービス」のシーンや「迎賓」「歓談」のBGMなど、リラックスしたいシーンにオススメです。  

『Better Together(ベター・トゥゲザー) / Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)』
ハワイ出身のシンガー、ジャック・ジョンソンの温かい歌声が印象的なラブ・ソング。「いつだって2人一緒がいいに決まってるさ」という歌詞も素敵ですね!温かみのあるサウンドで、ゆったりとした時間を過ごせます。
「ギフトサービス」のシーンや、「迎賓」「歓談」のBGMにオススメです。  

『Perfect Day(パーフェクト・デイ) / Awa Ft. Anuhea(アワ・フィーチャリング・アヌヘア)』
ハワイアン・レゲエシーンを代表するシンガーのアワと、ハワイの歌姫アヌヘアがデュエットし、ハワイで大ヒットしたナンバー。英語とハワイ語を取り入れた、愛し合う2人のとってもスウィートなラブ・ソングです。R&Bやレゲエテイストの心地よいグルーヴは、ハワイアンウェディングの中でもアクセントとなること間違いなし!
オススメは、「お色直し入場」「キャンドルサービス」。ドアオープンは歌い出しがオススメです。

『Slow & Easy / 平井大』
軽やかなウクレレの音色に、会場は心からリラックスができる癒やしの空間に。歌詞には、ありふれた日常にある幸せが描かれていて、“幸せは「作るもの」じゃなくて「気づく事」”という素敵なメッセージが込められています。
「ギフトサービス」のシーンや「迎賓」「歓談」のBGMにオススメです。  

『Touch / Jake Shimabukuro』
ハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロが音楽を手がけた映画「フラガール」より。温かくてちょっぴり寂しさを感じるメロディーが印象的です。
「両親への手紙」のシーンにオススメですよ。

まとめ
ハワイアン・ソングやハワイをイメージする曲は、聴いていて心地よく、リラックスできるのも魅力の1つ。ゲストもゆったりとした気持ちで過ごしてくれること間違いなしです!
ハワイ好きなカップルは、ぜひBGMでもハワイを取り入れて、おふたりらしい結婚式を作り上げてくださいね!
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ