Googleロゴ
カスタム検索

2018-08-31

結婚式でのボトルオープンの場面で使いたい盛り上がる曲〈洋楽編〉

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#194
おふたりでシャンパンを開栓することから、「ふたりで未来を開く」という意味があるボトルオープン(シャンパンオープン)。おふたりでのオープンをはじめ、ご家族やご友人といったゲストも参加できる演出として人気があります。
そんなボトルオープンを盛り上げてくれる曲を、洋楽曲の中からご紹介したいと思います!
『I was born to love you(ボーン・トゥ・ラヴ・ユー) / Queen(クイーン)』
もとは、ボーカルのフレディ・マーキュリーのソロアルバムに収録されていた曲です。CMやドラマでも使用され、知名度バツグンの結婚式定番ソング。疾走感のあるエネルギッシュなナンバーがボトルオープンを力強く盛り上げてくれます。サビから流すのがオススメですよ。  

『Breathless (ブレスレス) / The Corrs(ザ・コアーズ)』
伝統的なアイリッシュ音楽と現代のポップ・サウンドを融合した曲が人気のコアーズ。透明感のあるボーカルとコーラスが美しい、清涼感あふれるナンバーです。爽やかな風に吹かれているような曲で気持ちよくボトルオープンができること間違いなし!  

『Sugar(シュガー) / Maroon 5(マルーン5)』
キャッチーなメロディーと、ディスコサウンドのようなノリのよいリズムが印象的!明るくハッピーな雰囲気が満載の、結婚式でも人気のナンバーです。ボトルオープンをオシャレな雰囲気にされたいカップルに♪サビから流すのがオススメですよ。  

スポンサーリンク
『Good Time(グッド・タイム) / Owl City & Carly Rae Jepsen(アウル・シティー&カーリー・レイ・ジェプセン)』
アサヒ ドライゼロCMソング。爽やかでノリのよいエレクトロ・ポップです。とにかくテンションが上がるパーティーチューンで、一気に会場を盛り上げてくれます!ご新郎やご友人がボトルオープンをされるときにはとくにピッタリ!サビから流すのがオススメです。  

『Say Something(セイ・サムシン) / Austin Mahone(オースティン・マホーン)』
ブルゾンちえみさんのネタ曲、『Dirty Work(ダーティ・ワーク)』でおなじみのオースティン・マホーン。こちらの曲は若さあふれるノリノリのナンバー。ボトルオープンを明るく爽やかに盛り上げてくれます。サビから流すのがオススメですよ。  

『Dancing Queen(ダンシング・クイーン) / ABBA(アバ)』
結婚式での定番ソング。イントロから華やかに盛り上げてくれます。往年のディスコ・ナンバーで、幅広い年代に知名度があるのもポイント。目上の方にボトルオープンをお願いするときや、上品な雰囲気の中でボトルオープンをされたいカップルにオススメです。  

『Raise Your Glass(レイズ・ユア・グラス) / P!nk(ピンク)』
多くの方が1度は耳にしている葉加瀬太郎さんの代表曲。この曲を聴くと、なんとなくテーマソングになっている同タイトルのドキュメンタリー番組「情熱大陸」の映像が浮かんでくる方も多いのではないでしょうか。そんな「情熱大陸」を元にしたオープニングムービーも人気があります。最初は笑いが起きても(笑)、アッという間に引き込まれてしまうのがこの楽曲の魅力ですね。  

まとめ
ボトルオープンのBGMは、お祝いムードを高める明るい曲がピッタリ!コルクの“ポンッ”という音とともに、幸せいっぱいのボトルオープンを演出してくださいね♪
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ