• シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • インタビュー
  • 最新曲
  • コラム
  • 結婚式人気アーティストランキング
  • 邦楽男性アーティスト
  • 邦楽女性アーティスト
  • 洋楽男性アーティスト
  • 洋楽女性アーティスト
ヨハン・パッヘルベル結婚式人気曲ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヨハン・パッヘルベル

ヨハン・パッヘルベル

結婚式人気アーティストランキング29
👫実際に使用したカップル592
💿結婚式で使用された曲数3
Johann Pachelbel(ヨハン・パッフェルベル) バロック期のドイツの作曲家。 南ドイツ・オルガン楽派の最盛期を支えたオルガン奏者で、教師でもある。 宗教曲・非宗教曲を問わず多くの楽曲を制作、コラール前奏曲やフーガの発展に大きく貢献したところから、バロック中期における最も重要な作曲家の一人に数えられる。 パッヘルベルの作品は生前から人気が高かったため、師事する弟子も多く、またドイツ中部・南部の多くの作曲家の手本となった。現在では彼の作品で最も有名なのは「パッヘルベルのカノン」だが、これは彼が生涯に書いた唯一のカノン。 そのほか、シャコンヌ ヘ短調、トッカータ ホ短調などのオルガン曲、鍵盤楽器用の変奏曲集『アポロンの六弦琴』などが知られている。 「パッヘルベルのカノン」は、しばしば、クラシック音楽の入門曲として取り上げられる。 また、ポピュラー音楽において引用されることも多い。結婚式では迎賓の代表曲といっても過言ではないほどよく使われている。クラシックの中でも知名度が高く、会話の音を邪魔しないためにゲストを迎えるシーンにふさわしいことが選ばれる理由だと思われる。

スポンサーリンク

公式YouTubeチャンネル 《ウィーム【WiiiiiM】》
実際に結婚式で使われた曲をランキングで集計しているサイト【ウィーム】によるランキングの紹介動画です。
ウェディングソングランキングの続きが気になる方は【ウィーム】にどうぞ!
ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル