実際に使用したカップル
24
結婚式で使用された曲数
4
元気ロケッツ
結婚式人気曲
1
実際に結婚式で使用した新郎新婦の組数

結婚式の曲・BGM
元気ロケッツ人気曲ランキング

1
<
アーティストランキングTOP50へ戻る

スポンサーリンク

シェア

元気ロケッツ
をご覧になったあなたにオススメ

キャンディーズ
キャンディーズ
BENI
BENI
Dream5
Dream5
元気ロケッツ 人気BGM 1位〜4位
タイトル ベストシーン
1Heavenly Star乾杯
2Smile迎賓
3Touch meお色直し入場
4Star Lineお色直し入場
元気ロケッツのランキング上位3曲の楽曲について
元気ロケッツのランキング1位『Heavenly Star』は人気曲総合ランキングで629位
1980年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。
元気ロケッツのランキング2位『Smile』は人気曲総合ランキングで2216位
1980年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。
元気ロケッツのランキング3位『Touch me』は人気曲総合ランキングで3155位
1970年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。

元気ロケッツのプロフィール


キューエンタテインメントの代表取締役でゲームプロデューサーの水口哲也と、アゲハスプリングス代表で音楽プロデューサーの玉井健二、二人のプロデュースによる音楽ユニットで、多くのクリエイター達と世界観を作り上げていくその様子を、「ハイブリッド・プロジェクト」と称している。
ミュージックビデオやアルバムジャケットなどのビジュアルには、ボーカルのLumi(ルミ、詳細は後述参照)を起用し、クラブなどの音楽イベントには宇宙服を着たDJがプレイをしている。
プロジェクト名は水口のインスピレーションによるもので、欧米の友人からも「『元気(Genki)』という単語の音の響きが良い」という意見が多かったため採用したという。

Lumiは架空の人物で、2019年9月11日に誕生、「宇宙で生まれ育ったまだ地球に降りたことのない30年後の17歳」(年齢はデビュー当時の設定。20歳になる2039年の9月11日に地球に降りてくるとされる)という設定となっている。

実際のボーカルは、モデルとして活動するローズ・レイチェル(現在は安田レイ名義で活動する)と歌手兼声優の宮原永海が担当し、二人の声を合成している。
ミュージックビデオや作品のジャケット写真、動画配信コンテンツ等と言ったメディアに登場する際は、ローズがLumiとしてモデルを担当している。尚、上記「make.believe」の映像が発表されるまで、その際映像や画像には必ず何かしらの加工が施されており、未加工のものがそのまま使用されることはなかった。ライブに出演する際は上記の設定を意識し、実際に登場する代わりにホログラムによる映像が使用される。

・元気ロケッツ 公式サイト

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル
WiiiiiMMusic 新着動画
NEW
2021.01.29
「ありがとう」 piano ver.
いきものがかり
>
2020.07.04
「いのちの歌」piano ver.
竹内まりや
>
2020.06.12
「星に願いを〜When You Wish Upon a Star〜」 piano & violin ver.
映画「ピノキオ」より
>
▼ 結婚式BGM選曲のコツを詳しく知りたいあなたに
結婚式BGM選びのヒントを読む
曲の選び方や卒花エピソードなどをご紹介!
2020/08/21オススメ
結婚式でカヴァー曲を使いたいあなたへ。キナ・グラニスを知っていますか?
919 View
2020/01/23オススメ
結婚式の余興で迷っているあなたへ♡2020年の人気余興の曲はコレ!
4505 View
2020/01/22オススメ
30代にオススメな結婚式の曲特集
7983 View
前のページ
シーン一覧
トップ
マイページ