シェア

Stevie Wonder
をご覧になったあなたにオススメ

Ben L'Oncle Soul
Ben L'Oncle Soul
The Byrds
The Byrds
Tony Orlando & Dawn
Tony Orlando & Dawn

スポンサーリンク

Stevie Wonder 人気BGM 1位〜10位
タイトル ベストシーン
1Isn't She Lovely送賓
2Sir Duke子供花束
3Happy Birthday歓談
4I Just Called To Say I Love You (心の愛)歓談
5You Are the Sunshine of My Life送賓
6Overjoyed新郎新婦入場
7Faith ft. Ariana Grande新婦中座
8For Your Loveお色直し入場
9stay gold送賓
10I Love Every little Thing About Youフォトラウンド
上位3曲の楽曲について
ランキング1位『Isn't She Lovely』は人気曲総合ランキングで99位
1980年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。
ランキング2位『Sir Duke』は人気曲総合ランキングで251位
1980年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。
ランキング3位『Happy Birthday』は人気曲総合ランキングで668位
1980年代生まれの新郎、1980年代生まれの新婦に多く選曲されています。

Stevie Wonderのプロフィール


スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)は、アメリカのミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。

ステージでは主にピアノやフェンダー・ローズ、クラビネットなどのキーボードをプレイしながら歌うことが多いが、他にもドラム、ハーモニカ、シンセベースなどもプレイするマルチプレイヤーとして有名。

彼の非凡な音楽センスは、物心つく前から目が見えない代わりに神が与えたと称される。様々なジャンルを違和感無く自身の音楽に消化してしまうことから、異ジャンルのミュージシャンから尊敬の眼差しを受けている。また、視覚障害や音楽的素養などの共通点があることから、しばしばレイ・チャールズと比較される。

また、特に70年代において、新しい楽器の導入にも貪欲さを示しており、上記の様にそのころに徐々に一般化し始めたモーグ・シンセサイザーなどをいち早く導入した代表的な人物であると共に、トーキング・モジュレーターも同様にいち早く取り入れて大々的に使用している。後者は後のザップ/ロジャー・トラウトマン等に影響を与えたとされる。

・Stevie Wonder 公式サイト

・スティーヴィー・ワンダー - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
このアーティストに関連するオススメ記事
2018-08-03
WiiiiiM COLUMN
結婚式でのスティーヴィー・ワンダーのオススメ曲・BGM特集
3,473 View
歌だけでなく、さまざまな楽器を演奏するマルチ・インストゥルメンタリストであるスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)。11歳という異例の早さでモータウンのレーベルと契約、グラミー賞では男性ソロ・シンガーとして最多の受賞回数を誇るなど、歌手としての実力はトプレベル!4オクターブといわれているハイトーンボイスが印象的ですね。
ここでは、そんなスティーヴィー・ワンダーの結婚式でのオススメ曲をご紹介したいと思います!
続きを読む
>

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル
WiiiiiMMusic 新着動画
NEW
2020.07.04
「いのちの歌」piano ver.
竹内まりや
>
2020.06.12
「星に願いを〜When You Wish Upon a Star〜」 piano & violin ver.
映画「ピノキオ」より
>
2020.05.31
「万讃歌」 piano & violin ver.
葉加瀬太郎
>
▼ 結婚式BGM選曲のコツを詳しく知りたいあなたに
結婚式BGM選びのヒントを読む
曲の選び方や卒花エピソードなどをご紹介!
2020/01/23オススメ
結婚式の余興で迷っているあなたへ♡2020年の人気余興の曲はコレ!
2878 View
2020/01/22オススメ
30代にオススメな結婚式の曲特集
5680 View
2020/01/17オススメ
インスタ女子に大人気♡結婚式で使いたい、かわいい曲まとめ
3611 View
前のページ
シーン一覧
トップ
マイページ