ロゴ
トップ
シーン
ジャンル
メニュー
Twitterロゴ Instagramロゴ Facebookロゴ
Googleロゴ
カスタム検索


2018-06-01

6月のジューンブライドのための結婚式の定番曲特集【洋楽編】

WRITER:hana
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#160
さまざまな由来から「幸せになれる」といわれている“ジューンブライド”。この“ジューンブライド”に憧れを持ち続けたプレ花嫁さまもいらっしゃることでしょう♪
そんな“ジューンブライド”にピッタリな結婚式の定番曲を、洋楽曲の中からご紹介したいと思います!
『Cinderella(シンデレラ) / Sweetbox(スウィートボックス)』
花嫁さまから圧倒的な人気を得ているSweetbox。中でもこちらの曲は、キラキラとしたサウンドでキュートな雰囲気を作り上げられることから大人気!ビートが効いたポップ・チューンですが、クラシック『テレマン トランペットのためのコンチェルト』がサンプリングされているため、上品さが漂うのも人気のポイントです。
オススメのシーンは、「入場」「ケーキ入刀」「新婦中座」「お色直し入場」「キャンドルサービス」。ドアオープンはAメロの歌い出しでもある15秒がオススメです。  

『Wonderful World(ワンダフル・ワールド) / ETERNITY∞(エタニティ)』
Sweetboxのボーカルジェイドと、当時のプロデューサージオのユニットETERNITY∞。結婚式でもおなじみのクラシック「パッヘルベルのカノン」をモチーフにした、壮大で幸福感に満ちあふれた曲です。「これぞ結婚式!」といえる1曲。
オススメのシーンは、「入場」「ケーキ入刀」「お色直し入場」「キャンドル」「メインキャンドル点火」。ドアオープンは35秒、「入刀」「点火」の瞬間はサビから流すのがオススメです。ドアオープンのタイミングまで少し長いので、イントロのセリフの後、11秒あたりから流すのもオススメですよ。  

『Marry You(マリー・ユー) / Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)』
プロポーズ・ソングとして世界中で大ヒットしたブルーノ・マーズの代表曲。明るくハッピー感満載で結婚式の定番曲となりました。ノリもよく、聴いているゲストも楽しい気分になること間違いなし!
オススメのシーンは、「入場」「お色直し入場」「ギフトサービス」「フォトサービス」「退場」や、「プロフィールDVD(お2人パート)」のBGM。ドアオープンは歌い出しがオススメです。ほかに、ご余興での「上映」関係のBGMにも人気がありますよ。  

『Just The Way You Are(ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー) / Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)』
ブルーノ・マーズからもう1曲。「君はそのままで素晴らしいんだよ」と、女性に向けてストレートな気持ちを歌った人気曲。ブルーノの甘くセクシーなボーカルと、キラキラと流れるようなサウンドが心地よい、爽やかでオシャレなラブ・ソングです。
オススメのシーンは、「入場」「ケーキ入刀」「新婦中座」)「お色直し入場」「キャンドルサービス」「ギフトサービス」「フォトサービス」。ドアオープンは歌い出しがオススメです。夏や海がテーマのウェディングにもピッタリ!  

『The Rose(ローズ) / Bette Midler(ベット・ミドラー)』
映画「ローズ」の主題歌。ベット・ミドラーのやさしい歌声と美しいメロディーで、ご披露宴の感動的なシーンには欠かせない曲となっています。やさしいピアノのイントロが流れると会場の雰囲気が一瞬にして変わりますよ!
「両親への手紙」「両親への花束」のシーンにオススメです。後半にいくにつれ壮大に盛り上がるので、「両親への花束」のシーンで流す際には盛り上がりの部分が流れるように調整してもらうのもオススメです。  

『The Gift(ザ・ギフト) / Blue(ブルー)』
シンガーソングライターの槇原敬之さんが提供した、ブルーの2ndシングル。彼らの美しいコーラスがご披露宴のクライマックスを盛り上げてくれる、温かくて感動的なミディアム・バラード。とくにサビのメロディーは、この曲を初めて聴く人も心をギュッとつかまれることでしょう。
「ギフトサービス」「両親への花束」「退場」のシーンや、「送賓」「エンドロール」のBGMにオススメです。  

『Nothing's Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い) / George Benson(ジョージ・ベンソン )』
さまざまなアーティストにカヴァーされている名曲で、タイトルを知らなくても曲を聴けばわかるという方も多いかもしれません。愛する人への変わらない想いを誓った歌詞が結婚式にピッタリですね!やさしく包み込むようなメロディーとボーカルが、会場を温かな雰囲気にしてくれます。
オススメのシーンは、「お色直し入場」「キャンドルサービス」「メインキャンドル点火」「両親への花束」。ドアオープンは歌い出し、「点火」の瞬間はサビから流すのがオススメです。  

『Thinking Out Loud(シンキング・アウト・ラウド) / Ed Sheeran(エド・シーラン)』
「年を重ねても愛し続けるよ」という愛する人への想いが詰まったラブ・ソング。歌詞はとってもあま~い歌詞ですが、スロー・テンポで落ち着いているので“オトナ婚”にもピッタリ!海外では結婚式でのファーストダンスの定番曲にもなっているそうですよ。
ロマンティックな雰囲気があふれる曲で、「キャンドルサービス」のシーンにオススメです。ナイトウェディングでの「迎賓」や「歓談」のBGMにも素敵ですね!  

『Ever Ever After(エヴァー・エヴァー・アフター) / Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)』
ディズニー映画「魔法にかけられて」のテーマ曲。グラミー賞最優秀新人賞の実力を持つキャリーのパワフルでキュートなボーカルが、ご披露宴を明るくハッピーに盛り上げてくれます。ディズニー・ソングならではのファンタジーな世界観も感じつつ、キャッチーでポップなナンバーなので、使いやすいディズニー・ソングですよ。「ディズニー・ソングを使いたいけれど、かわいくなりすぎるのは……」というカップルにもイイですね。
オススメのシーンは、「ケーキ入刀」「お色直し入場」「ギフトサービス」「退場」や「送賓」「エンドロール」のBGM。ドアオープンは13秒あたり、もしくはAメロの歌い出しがオススメです。「入刀」の瞬間はイントロからでもサビからでもどちらでも合いますよ。曲の頭の部分に、状況によっては聴こえにくい音が入っているので、シーンやお好みでイントロはドラムの音から使用するのもオススメです。  

『Call Me Maybe(コール・ミー・メイビー) / Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)』
カーリー・レイ・ジェプセンの大ヒット曲。軽やかなリズムとキャッチーなメロディーで、聴いているとウキウキとした気分にさせてくれるポップ・チューン。サビのストリングスが華やかさをプラスしています。一目ぼれをした男の子からの電話を心待ちにしている女の子の気持ちを歌ったカーリーの歌声もキュート!
「新婦中座」「ギフトサービス」「フォトサービス」のシーンにオススメです。  

まとめ
以上、6月の花嫁“ジューンブライド”にピッタリな結婚式の定番曲をご紹介いたしました。結婚式での定番曲を聴いていると、自分自身も当日のイメージができて結婚式が待ち遠しくなっちゃいますね♪
WRITER
ライター
筆者:hana
ブライダル業界で約8年、音楽や演出を中心に携わっておりました。今後はこのようなカタチでご新郎ご新婦のお力になれたらな、と思っております。 すきなコト(モノ)は、音楽とワンコとドライブ……と“笑うコト”です♪

Twitterロゴ Instagramロゴ Facebookロゴ

最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ