• シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • インタビュー
  • 最新曲
  • コラム
  • 迎賓
  • 入場
  • ケーキ入刀
  • 乾杯
  • 歓談
  • お色直し退場
  • お色直し入場
  • 両親への手紙
  • 両親への花束
  • 退場
  • 送賓
2020年3月16日

『Let It Be』The Beatlesの曲情報 ウィームは結婚式の音楽をランキング形式で紹介するBGMサイトです。

12,361 View

スポンサーリンク

Let It Be
1
結婚式での使用組数43組
結婚式での使用組数 43組 👑 総合ランキング295位
💒結婚式では 両親への手紙にオススメ
いいね 1
Let It Beの視聴動画
Let It Beのサムネイル

スポンサーリンク

『Let It Be』の結婚式BGMデータ

Let It Beのジャケット
Let It Be
リリース日:1970年03月06日
曲のジャンル:ロック
曲の演奏時間:00:04:03
タイアップ:映画『レット・イット・ビー』(1970)テーマ曲

結婚式BGMシーン/カテゴリ 分析

The Beatles『Let It Be』はWiiiiiM調べにおいて
結婚式で使用したカップルは43組となっています。
WiiiiiMの結婚式人気総合ランキングは295位となっています。
The Beatles『Let It Be』のベストシーンは
両親への手紙です。
この曲は1980年代生まれの新郎に人気が高いです。また、この曲は1980年代生まれの新婦に人気が高いです。
WiiiiiMの結婚式シーン別ランキングでは、
謝辞で13位となっています。

『Let It Be』の歌詞・和訳

歌 : The Beatles
  作詞 : Lennon-McCartney
  作曲 : Lennon-McCartney
When I find myself in times of trouble,
(苦しんで自分自身を見つめたときに)
Mother Mary comes to me
(母メアリーが僕の元に来て)
Speaking words of wisdom,
(英知の言葉をかけてくれる)
let it be
("あるがままに生きなさい"と)

And in my hour of darkness
(まわりが闇に包まれたとき)
she is standing right in front of me
(その女性は僕の目の前に立っていた)
Speaking words of wisdom,
(英知の言葉をつぶやいたんだ)
let it be
("あるがままに"と)

Let it be, let it be,
(あるがままにあれ、そのままでいい)
let it be, let it be
(流れるままに、身をゆだねればいい)
Whisper words of wisdom,
(英知の言葉をつぶやくんだ)
let it be
(あるがままに、と)

And when the broken hearted people
(世界中にいる心傷ついた人たちは)
living in the world agree
(みんなわかっているんだ)
There will be an answer,
(きっと答えは見つかる だから)
let it be
(ありのままで)

For though they may be parted,
(たとえ今は離れ離れだったとしても)
there is still a chance that they will see
(再び会える機会は訪れる)
There will be an answer,
(答えはきっと見つかるさ だから)
let it be
(そのままでいればいい)

Let it be, let it be, let it be, let it be
(あるがままにあれ、そのままでいい、流れるままに、身をゆだねればいい)
There will be an answer, let it be
(答えは見つかるはずさ、そのままでいい)
Let it be, let it be, let it be, let it be
(あるがままにあれ、そのままでいい、流れるままに、身をゆだねればいい)
Whisper words of wisdom, let it be
(英知の言葉をつぶやくんだ、あるがままに、と)
Let it be, let it be, let it be, let it be
(あるがままにあれ、そのままでいい、流れるままに、身をゆだねればいい)
Whisper words of wisdom, let it be
(英知の言葉をつぶやくんだ、あるがままに、と)

And when the night is cloudy
(夜の空が雲に覆われても)
there is still a light that shines on me
(僕を照らす光はまだあるはずだ)
Shine until tomorrow,
(明日まで輝き続けておくれ)
let it be
(そのままでいろ)

I wake up to the sound of music,
(音楽が聴こえ目が覚めると)
Mother Mary comes to me
(母メアリーが僕の元にやってくる)
Speaking words of wisdom,
(英知の言葉をかけてくれる)
let it be
("あるがままに生きなさい")

Let it be, let it be, let it be, yeah, let it be
(あるがままにあれ、そのままでいい、流れるままに)
There will be an answer, let it be
(答えは見つかるはずさ、そのままでいい)

Let it be, let it be, let it be, yeah, let it be
(あるがままに、自分らしく、身をゆだねればいい)
Whisper words of wisdom,
(英知の言葉をつぶやくんだ)
let it be
(あるがままに、と)

スポンサーリンク

結婚式における『Let It Be』の曲分析データ

シーン
1.両親への手紙
32.5%
2.送賓
25.5%
3.両親への花束
11.6%
4.歓談
6.9%
その他
23.5%
新郎年代
1.1980年代生まれ
65.5%
2.1990年代生まれ
27.5%
3.1960年代生まれ
3.4%
その他
3.6%
新婦年代
1.1980年代生まれ
55.1%
2.1990年代生まれ
37.9%
3.1970年代生まれ
6.8%
職業
1.会社員
36%
2.医療・福祉
10.4%
3.公務員
10.4%
4.教育
4.6%
その他
38.6%

『Let It Be』についてのコメント

選択アイコン
    2019年08月07日 10時52分

ゆったりとしたメロディーと優しい歌声が感動のシーンを引き立たせてくれます。
両親への手紙や花束贈呈のシーンにオススメです。

コメントを投稿する
お名前
コメント
公式YouTubeチャンネル 《ウィーム【WiiiiiM】》
実際に結婚式で使われた曲をランキングで集計しているサイト【ウィーム】によるランキングの紹介動画です。
ウェディングソングランキングの続きが気になる方は【ウィーム】にどうぞ!
ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル