結婚の選曲体験談【ウィーム リアルヴォイス】
結婚式 感動シーンの作り方
結婚をされる新郎新婦の皆様のために♡
結婚式を挙げた先輩の選曲に纏わる感動エピソードが満載

愛が溢れる結婚式

2016年3月17日
〜♪ SELECTED MUSIC ♪〜 
『All You Need Is Love』JAPAN UNITED with MUSIC
Monro.33
  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • Pocket
    Pocketで後で読む
  • Lineで送る
    LINEでシェア
私が選んだ曲はJAPAN UNITED with MUSICの「ALL YOU NEED IS LOVE」です。
言わずと知れたビートルズのあの名曲なのですが、歌っているのはJAPAN UNITED with MUSICというアーティストの集まりです。この曲を選んだ理由は、二人の出身地にも関係しているかもしれません。
手を取り合って
新郎・新婦とも宮城県出身の私達は、震災があった翌年に結婚を決めました。

世の中が混乱し、ましてや自分の地元が大きな被害を受けている時に、自分達はこんなことをして良いのだろうか。自問自答を続けながら、迷い続ける日々でした。

それでも二人で上京し、力を合わせて人生を歩むと決めた決心に揺らぎはありませんでした。
JAPAN UNITED with MUSIC
そんな時、テレビでこの曲と出会いました。
震災からの復興を願い、坂本龍一さんや小林武史さん、EXILEやミスチルの櫻井和寿さんら日本を代表とするアーティストが集まって、あのビートルズの名曲を歌う。一度聞いただけで、鳥肌が立ちました。あの誰もが知っていて、優しい愛に溢れた曲。今の東北に必要なのは愛なのだと思いました。

それと同時に、その愛が月並みないわゆるきれいごとの愛ではないことがすぐに分かりました。
それは歌っているアーティストの表情です。
PVを見ても、皆とても笑顔でした。震災や復興ということで、どうしても暗い話題や悲しみの感情が先行しがちなイメージの中、それとは対照的な表情をしているアーティスト達。それは実は、被災した友人の姿とも重なったのです。
私が地元に帰省して感じたことは、皆前を向いているということでした。

あんなに辛くて悲惨な目にあったにも関わらず、いや、そうだったからこそ、彼らは前を向き、明るく振舞おうとしていました。復興とはこういうことなのだと思いました。
明るい曲なので結婚式にもピッタリ♡
そして、音楽を通して日本を明るく元気にしていこうという心意気が、曲の冒頭の東京スカパラダイスオーケストラのトランペットの音から始まります。その後は、色々なアーティストが代わる代わるフレーズをつないでいき、「ALL YOU NEED IS LOVE」を明るく歌っていきます。

聞いているうちに自然と笑顔になり、こちらも思わず口ずさんでしまします。こうして歌によって一つのつながり=絆が生まれればいいなと思って、この曲を結婚式で使いました。
絆をテーマにした結婚式♡
シーンとしては、新郎新婦の二人のなれ初めから、今後の歩みを映像で流すシーンです。明るく楽しい雰囲気と、結婚式場に集まった人達みんなで絆をつないでいくことを願って使用しました。

洋楽が好きな方、親がビートルズ世代の方、東北への思いがある方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。
JAPAN UNITED with MUSIC『All You Need Is Love』の試聴や歌詞閲覧はこちらから
JAPAN UNITED with MUSIC『All You Need Is Love』 再生ボタン
All You Need Is Love(歌詞・PV視聴)|結婚式BGMランキング【ウィーム】
ウィーね!ボタンを押して記事を応援しよう
0
メイン画像
この記事が気に入ったら
シェアしよう♪
Facebookでシェア
0
WRITER
ライター
Monro.33(20代女性)
2013年8月、ホテルフランクス(千葉県)で挙式。
披露宴会場
ホテルフランクス
〒261-0021 千葉県千葉市 美浜区ひび野2−10−2
▼ 結婚式BGMランキング カテゴリ一覧