シーン
ドレス
ジャンル
メニュー
Google
カスタム検索


結婚式BGMランキング
は結婚式の音楽をランキング形式で紹介するサイトです
『僕が一番欲しかったもの』槇原敬之
ランキング
101
カップル
33

結婚式BGMデータ

僕が一番欲しかったものジャケット写真僕が一番欲しかったものジャケット写真
僕が一番欲しかったもの
槇原敬之
J-POP

タイアップ
日本テレビ系ドラマ『ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏』(2004)主題歌
「NTT東日本」CMソング
「株式会社システナ」CMソング
楽曲情報
Blue『The Gift』日本語セルフカヴァー

『僕が一番欲しかったもの』結婚式 シーン分析

僕が一番欲しかったもののベストシーンはプロフィール
結婚式で実際に使ったカップルの数は 33
ウィームのシーン総合ランキングは 101

結婚式BGMランキング -シーン-
【両親への花束】で 30 位。

結婚式BGMランキング -リリース年代-
【2000年代前半】で 8 位。

歌詞を表示
僕が一番欲しかったもの
さっきとても素敵なものを
拾って僕は喜んでいた
ふと気が付いて横に目をやると
誰かがいるのに気付いた
その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕はそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
その人は何度もありがとうと
嬉しそうに僕に笑ってくれた

その後にもまた僕はとても
素敵なものを拾った
ふと気が付いて横に目をやると
また誰かがいるのに気付いた
その人もさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
またそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
なによりも僕を見て嬉しそうに
笑う顔が見れて嬉しかった

結局僕はそんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだとわかった

今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾う事が出来た
関連キーワード

僕が一番欲しかったものの選曲ポイント

槇原敬之の言葉の世界に包まれる一曲です。結婚式での人気曲、Blueの「The Gift」の槇原自身によるセルフカバーバージョンになります。
サビからの盛り上がりが印象的な曲ですので、サビから使うのが最も使いやすいです。曲調としては大きく展開がある曲ではないのでシーンや映像のエンディングに使用するケースが多いようです。
ウィームのデータでは最も使用されたシーンは「両親への花束」です。静かに始まるイントロや優しく歌い出すAメロで新郎新婦が両親の元へ高砂から歩き出しサビが始まるシーンをよりドラマティックに演出できます。
『僕が一番欲しかったもの』のランキング前後の曲

『僕が一番欲しかったもの』結婚式カテゴリ別分析

loading
シーンのアイコン
loading
職業のアイコン
loading
新郎のアイコン
loading
新婦のアイコン

この曲のコメント
選択アイコン
    2016年09月14日 23時12分

友人の結婚式で一曲まるまる聴いて、気付いたら涙が止まらなくなっていてそれ以降大好きな曲になり、自分の結婚式では絶対流そうと決めている1曲となりました!

選択アイコン
    2016年02月17日 18時37分

この曲は披露宴の定番のひとつだと思っています。
ただ、在り来たりとかいう意味ではなく、メロディも歌詞もピッタリなので選曲に困っている方は、使ってみてください!!
感動ありの素晴らしい披露宴になると思いますよ。

コメントを投稿する

Name (お名前) 

※お名前を入力してください

Comment (コメント)






最新曲
月間ランキング
タグ
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ