結婚式の曲の決め方・選び方【ウィーム リアルヴォイス】
結婚式 感動シーンの作り方
結婚式の曲が決まらないアナタへ♡
結婚式を挙げた先輩の曲の決め方・選び方エピソードが満載

家族に向けてのメッセージを込めて

2016年2月1日
〜♪ SELECTED MUSIC ♪〜 
『Time To Say Goodbye』Andrea Bocelli
  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • Pocket
    Pocketで後で読む
  • Lineで送る
    LINEでシェア
私の結婚披露宴での入場の曲は、Andrea Bocelli の Time to say good byeでした。
結婚を機に長年育ててくれた両親の元から旅立つという意味で選曲しました。またサラブライトマンではなくアンドレアBの歌声の方がより厳粛な雰囲気が合って好きだったので、彼の方を選びました。
レストランの雰囲気にとってもマッチ♡
結婚披露宴での入場の曲でしたので、最初から荘厳な雰囲気が出て好評でした。曲自体もゆったり聴かせるオペラ調なので、しっとりとしたムードになって正解でした。レストランがNYに本店を持つとてもクラシカルなイタリアンレストランでしたので、レストランの雰囲気にもぴったりあっていて、個人的にも大満足でした。
まるで教会のバージンロード♡
かっちりとした式は行わず、レストランでの結婚披露宴でしたので、入場の部分にこの曲を流して、父と腕を組んでまるで教会のバージンロードを歩いている雰囲気を出せればと思いました。そのため、できるだけゲストのそばを通りながら歩いて、ゆっくり落ち着いた雰囲気を出すように心掛けました。
ムーディなアンドレアの歌声♡
入場の曲はポップな感じが多い中で、この曲はオペラ調でアンドレアBの歌声もまた素晴らしいので、みなさん聞き入っていた様子でした。式後にも、入場の選曲が素晴らしかったと何人もの方からお褒めの言葉をいただきました。他の人とはかぶらない曲だと思いましたので、それもまた良かったかなと思っています。
品のある雰囲気の結婚式を挙げたい人にオススメ♡
曲自体がとってもクラシカルな雰囲気で、歌詞の内容もまた素晴らしいので、正統派の結婚式にしたい人には自信を持っておすすめする曲です。歌詞の内容が、『旅立ち』なので、私は勝手に長年育ててくれた両親からの旅立ち、と捉えて使わせてもらいました。同じ曲をサラブライトマンが歌っていますが、あえてここはアンドレアBを使うことで、結婚式全体の雰囲気をぐっと落ち着いた雰囲気にして、品のある感じに仕上げることをお勧めしたいです。
また、CMなどでもこの曲は使われているので、年輩の方でも一度は聞いたことがある曲だと思います。なじみのある曲だと、またより一層聞きやすいので、その点もお勧めできるポイントです。
とにかく、曲自体に品のある雰囲気が漂っているので、ゲストの年齢層が高めの挙式でも、安心して使える曲だと思います。是非使ってみてくださいね。
この曲と併せてNat king callのSmileもどうぞ♡
お色直しに是非使いたい曲です。品があってゆったりしたムードの曲なので、式の途中の雰囲気を壊さず、曲のタイトル通りみんなが笑顔になれる曲だと思います。 この曲も色々なひとがカバーしていますが、やはり王道のNat king call がやっぱりお勧めです!
Andrea Bocelli『Time To Say Goodbye』の試聴や歌詞閲覧はこちらから
Andrea Bocelli『Time To Say Goodbye』 再生ボタン
Time To Say Goodbye(歌詞・PV視聴)|結婚式BGMランキング【ウィーム】
ウィーね!ボタンを押して記事を応援しよう
2
メイン画像
この記事が気に入ったら
シェアしよう♪
Facebookでシェア
0
WRITER
ライター
chiihcm(30代女性)
2006年10月、六本木イルムリーノ ニューヨーク(東京都)で挙式。
披露宴会場
六本木イルムリーノ ニューヨーク
〒106-0032 東京都港区 六本木6丁目12−4
六本木ヒルズけやき坂通りレジデンスD-2F
▼ 結婚式BGMランキング カテゴリ一覧