結婚式の曲の決め方・選び方【ウィーム リアルヴォイス】
結婚式 感動シーンの作り方
結婚式の曲が決まらないアナタへ♡
結婚式を挙げた先輩の曲の決め方・選び方エピソードが満載

新郎へのメッセージを込めた曲

2018年1月26日
〜♪ SELECTED MUSIC ♪〜 
『Marriage Blue』MONGOL800
kawasugi
  • NO DATA
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • Pocket
    Pocketで後で読む
  • Lineで送る
    LINEでシェア
この曲がリリースされた当時は、私が中学生くらいの時で、全文英語の歌詞の意味は、当時全く理解できていませんでしたが、メロディが好きなので繰り返し聴いていました。そして、大人になり、披露宴の選曲をしていた際、日本語訳を調べて、やっと曲の意味を知りました。曲名がMarriage Blueというマイナスな印象のものなので、歌詞も不安や迷いを綴ったものかと、てっきり勘違いしていましたが、全くそういう要素はありませんでした。(笑)相手への愛があふれる歌詞で、改めて大好きな曲になり、ぜひ披露宴のどこかで使いたいと思いました。
新郎に伝えたい想い
実際に使った場面は、新郎新婦退場の曲にしたのですが、このタイミングにしたのは、私なりに意味がありました。というのは、両家の両親、友人、参列者へのメッセージは、新婦の手紙の場面で伝えることが出来たのですが、夫への想いは手紙に綴っていません。夫は私の席札にメッセージを書いてくれていたのですが、恥ずかしがり屋の私としては、直接伝えるのは、どうしてもハードルが高くて、しかしながら、どうにかして伝えられないだろうかと考えた結果、歌に頼ることにしました。聴けば聴くほど、私が夫に伝えたいメッセージそのもので、これ以上ぴったりな曲は無いと思いました。
実際に曲を流してみて
結果、夫は気づいてくれたのか正直な所不明なのですが(笑)、私としては達成感がありましたし、これからの結婚記念日に思い出話として、勇気を出して伝えることが出来たらいいなと思います。歌詞の意味は聴きとれなくても、披露宴のフィナーレという、しっとりとした場面に合っていたようで、参列者の方にも、「あまり聴きなれない曲だけど、素敵な曲だったね。」と言って頂けました。結婚式が終わった今でも繰り返し聴いて、幸せな気分に浸っています。新婚の時だけでなく、結婚生活を重ねれば重ねるほど、歌詞が心に響きます。
私のように、相手に手紙や言葉でメッセージを伝えるのが苦手な方、披露宴の最後は感動的な雰囲気を演出したい方には、是非おすすめしたい曲です。
MONGOL800『Marriage Blue』の試聴や歌詞閲覧はこちらから
MONGOL800『Marriage Blue』 再生ボタン
Marriage Blue(歌詞・PV視聴)|結婚式BGMランキング【ウィーム】
ウィーね!ボタンを押して記事を応援しよう
0
メイン画像
この記事が気に入ったら
シェアしよう♪
Facebookでシェア
0
WRITER
ライター
kawasugi(20代女性)
オススメ記事