Googleロゴ
カスタム検索

2018-02-12

統一感のある結婚式の曲・BGM選びについて

WRITER:Jack
結婚式の曲について気になるアレコレをブログ形式でご紹介。

ウィームBlog
#71
結婚式においての空間作りに欠かせないBGM。 会場選びから衣装や装花をはじめとする装飾、小物選びとテーマを決めてお選びになる方も多いですよね?
シックな雰囲気、キュート系やクール系、ディズニーテーマ、シーズンをモチーフにしたデザインウェディングなどなど、多様化するウェディングシーンを思いっきり楽しんで頂きたいと想います。
ここではそんなテーマ、コンセプトを、より一層際立たせる為に欠かせない統一感ある曲選びの方法についてご紹介致します。

迷ったらテーマで決める。

まずは、テーマの見直し。
結婚式準備のスタートといえる「会場選び」にもおける重要ポイントです。
「解放的なガーデンウェディングを楽しみたい。」
「友人もたくさん招いて肩肘張らず楽しみたい。」
「趣味のサーフボードを飾れるスペースが欲しい」
など会場を選んだ時にもお二人のこだわりポイントがありませんか?
会場を決定されてから、「海をモチーフ」、「和ミックス」などテーマがハッキリと見えてきたかもしれません。
そのテーマに添った楽曲を選んでいけば、目で見て、耳で聞いて、それに統一された演出であればきっと印象に残るウェディングを迎えることが出来るでしょう。
そして何よりゲスト様にお二人を深く知って頂ける機会になることでしょう。

ジャンルで統一

シンプルで間違いの少ない選び方です。
洋楽で統一、クラシックで統一、映画のサントラ、ディズニー挿入歌で統一など。
アーティストもテイストも異なっても、ざっくりとジャンルを決めておくと、迷いも少なくスムーズな準備が可能です。
全体的な雰囲気もまとまりそうですね!
スポンサーリンク

季節感を出す

特に人気の統一感の出し方です。
冬婚、夏婚といわれるほど季節を大切にする日本らしいスタイルです。
クリスマス、ハロウィン、海、夏休み、春、桜など、日本の四季はどれも楽しむことが出来る素晴らしいものです。
春の幸せな雰囲気を全面に出したウェディングやクリスマスウェディングなど、楽曲選びも楽しめそうですね!

参加ゲストを考えて決める

お二人の趣味を通すだけで無く、ゲストにも楽しんで欲しい気持ちはどのカップルにも共通の願いです。
参列ゲストも楽しんでもらえるような、ご友人中心なら懐メロ特集や、年齢層が高めなら落ち着きのあるクラシックや歴史ある名曲集などなど。
参列者へ向けてのホスピタリティー溢れる曲選びも良いかもしれませんね。

統一感では無くメリハリも大切

ハッキリ言ってしまえば統一感を持たせることが全てではありません。
演出ごとにメリハリある楽曲を使い、ひとつのパーティーの中で多様な表情を魅せていくのも良い方法でしょう。
各演出を存分に楽しむスタイルですね!そのような「波」のあるパーティースタイルがあることもお忘れなく。
まとめ
料理、会場のスタッフの立ち振る舞い、会場の雰囲気、立地条件など結婚式を構成する多数の要素の中で音楽の演出の力は想像以上に大きなものです。
何かひとつでもコンセプトを決めてセレクトしていくことで、まとまりは生まれますが、波の無い単調なものでは後悔も残りそうですよね。
何かと忙しい結婚式準備。
少し肩の力を抜いて、良い意味での抜け感、ハズし技などで遊んでみるのも良いかもしれません。
こだわりも、迷いも含めて《楽しむ》というルール、《みんなが楽しんで欲しい》というお二人の共通コンセプトだけはお忘れ無く。

 
WRITER
ライター
筆者:Jack
フリーライター、ウェディングフリープランナー。料理、空間演出にこだわったレストランウェディングのプロデュース等をおこなっています。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
最新曲
最新曲
月間ランキング
月間ランキング
タグ
タグ
曲の投稿
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ