結婚の選曲体験談【ウィーム リアルヴォイス】
結婚式 感動シーンの作り方
結婚をされる新郎新婦の皆様のために♡
結婚式を挙げた先輩の選曲に纏わる感動エピソードが満載

新郎新婦の入場は静かな雰囲気で始まるのもオススメです

2016年3月11日
〜♪ SELECTED MUSIC ♪〜 
『Kimi Dake Dakara』YOSHIKI
まりあ
  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • Pocket
    Pocketで後で読む
  • Lineで送る
    LINEでシェア
元々、XJAPANとYOSHIKIが好きで主人と出会ったので、結婚式ではどこかのタイミングで楽曲を使いたいなと話してはいたのですが、ノリが激しい曲が多くてどうしようかと悩んでいました。かと、言ってバラード曲だと別れや淋しい歌詞も多く、曲選びはかなり難航していました。また結婚式にはご年配の方もいらっしゃるので、そこにも配慮したいと思って最終的に決めたのがYOSHIKIの「Eternal MelodyII」というピアノソロアルバムにある「Kimi Dake Dakara」でした。
新郎新婦の入場曲として
曲を決める段階で何度も聴いていたはずなのに、本番当日はジーンと胸にくるものがありました。 ウエディングドレスを皆さんに披露する時は、賑やかで明るい雰囲気よりも静かで、おごそかな雰囲気にしたかったので、出だしから繊細で、非常に心地よく美しいメロディーは披露宴にとても合っていたし、神秘的な雰囲気でした。

「Kimi Dake Dakara」=きみだけだから、というタイトルもとても気に入っています。 実際、参加してくれた友人に後日「あのピアノ曲、披露宴の雰囲気にぴったりだったよ!」と言われて嬉しかったです。
曲は自分たちで選んだ方がいい
曲は自分たちで選んだ方がいい
結婚式の準備はとてもやることが多く大変なので、曲は式場にお任せしてしまうという方もいるかと思います。しかし、私は自分たちで選んだ事で、披露宴を手作りしているような感覚も楽しめましたし、主人との思い出が増えました。また、数年たった今でも繰り返し聞いて、幸せな気持ちになる事もあります。この曲はアルバム曲なので、有名な曲ではありませんが、この曲と出会えた絆は今でも大事に思っています。
参列者への配慮
最初はノリのいい曲でバーン!と登場して笑ってもらえるような披露宴にするのもいいかなと思っていました。でも友人だけではなく、今までお世話になった方への感謝の気持ちを考えた結果、このピアノ曲にするという選択になりました。結果、親族には私の成長を実感して思わず涙してしまったと後で聞いて、やっぱり選んでよかったと思いました。
他にもオススメの曲
同じアルバムの中に「Anniversary」も収録されていますが、この曲は「天皇陛下御即位十年の祭典」の時に実際にYOSHIKIが披露した曲なので、ご年配の方でもTVなどで耳にしたことがあるかもしれません。こちらも素敵なメロディーなのでオススメですよ。
YOSHIKI『Kimi Dake Dakara』の試聴や歌詞閲覧はこちらから
YOSHIKI『Kimi Dake Dakara』 再生ボタン
Kimi Dake Dakara(歌詞・PV視聴)|結婚式BGMランキング【ウィーム】
ウィーね!ボタンを押して記事を応援しよう
0
メイン画像
この記事が気に入ったら
シェアしよう♪
Facebookでシェア
0
WRITER
ライター
まりあ(20代女性)
2006年4月、ヴレクローシュ ブケ東海三島(静岡県)で挙式。
披露宴会場
ヴレクローシュ ブケ東海三島
〒411-0816 静岡県三島市梅名393−1
▼ 結婚式BGMランキング カテゴリ一覧