トップ
シーン
ジャンル
メニュー
Twitterロゴ Instagramロゴ Facebookロゴ
Googleロゴ
カスタム検索


結婚式の曲・BGMランキング -年代-
2000年代後半ランキング
2000年代後半 2〜10位
結婚式の曲・BGMランキング -年代- 2000年代後半
2000年代後半ってこんな時代
00年代後半の邦楽は、AKB48や嵐といったアイドルグループに人気が集まりました。また、GReeeeNやMONKEY MAJIK、コブクロ、スキマスイッチといった、いわゆる正統派J-POPが流行しました。女性アーティストでは、青山テルマや絢香のようなカワイイ系アーティストから、Superfly、いきものがかりのような実力派アーティストまで多くのアーティストが生まれました。00年代の洋楽はマルーンファイブやコールドプレイ、テイラー・スウィフトなどが日本でも人気を集めました。
結婚式での2000年代後半ソング
結婚式での2000年代後半リリース曲の選曲ポイント!
2000年代後半になると、スマートフォンが普及し始めます。CDを買って音楽を聴く時代から、ダウンロードして音楽を聴く時代へと移り変わり、好きな歌が気軽に聴けるような時代になりました。この時代の曲はラヴをテーマにした曲が多いため、結婚式との相性もバッチリです。懐メロ感覚で、昔好きだった曲をセレクトしてみては。
結婚式の曲・BGM総合ランキング

WiiiiiM-ウィーム-は新郎新婦が実際に結婚式で使用されたBGMを集計しランキングとして見やすく集計したサイトです。またシーン毎の曲においても現在のウェディングシーンのトレンドになっている曲をランキング形式で公開しています。

矢印
2010年代後半の曲ランキング

2010年代後半になり、back number、秦基博、ゲスの極み乙女といったアーティストが注目されるようになりました。また、一風変わった水曜日のカンパネラのようなアーティストや、ニコニコ動画で人気の米津玄師、天月、ぐるたみんといったアーティストがメジャーデビューしたりと、音楽の世界も多様性を見せるようになりました。

矢印
2010年代前半の曲ランキング

2010年代前半の邦楽は、サカナクションやSEKAI NO OWARI、RADWIMPS、UVERWORLDなど、バンドブームが到来します。女性ヴォーカルでは、西野カナやきゃりーぱみゅぱみゅ、ももいろクローバーZなど、カワイイ系のアーティストに人気が集まりました。

矢印
2000年代後半の曲ランキング

00年代後半の邦楽は、AKB48や嵐といったアイドルグループに人気が集まりました。また、GReeeeNやMONKEY MAJIK、コブクロ、スキマスイッチといった、いわゆる正統派J-POPが流行しました。

矢印
2000年代前半の曲ランキング

2000年代前半といえば、邦楽ではそれまでの小室哲哉の音楽の流行が終わり、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、MISIAといった実力派の歌姫が活躍した時代でした。

矢印
90年代後半の曲ランキング

90年代後半の邦楽は、いわゆるTKサウンドと呼ばれる小室哲哉氏がプロデュースする音楽に席巻されました。TRF、globe、華原朋美などのアーティストが多くのヒット曲を世に送り出し、また、結婚式の定番ソングの『Can You Celebrate?』をリリースし、

矢印
90年代前半の曲ランキング

邦楽のシーンでは、現在のJ-POPに通じる流れができた時代でした。男性ヴォーカルでは、サザンオールスターズ、B'z、Mr.Childrenなど、今や伝説級のバンドが活躍していました。

矢印
80年代の曲ランキング

80年代の邦楽は、アイドル全盛期の時代でした。チェッカーズ、光GENJI、松田聖子、早見優、中山美穂、中森明菜といった若者向けのアイドル音楽が流行していました。

矢印
70年代の曲ランキング

70年代の邦楽は、フォークソングが人気を博した年代でした。チューリップ、アリス、吉田拓郎といったフォークソングを歌うアーティストに人気が集まりました。そんな中、伝説のユニット、ピンクレディーが登場し、80年代のアイドルブームに続く流れを作ることになります。

矢印
60年代以前の曲ランキング

60年代の邦楽は、演歌や歌謡曲が中心でした。そんな中で若者の間では、リズムアンドブルースやポップスなどの音楽が好まれました。一方、60年代の洋楽は、やはりビートルズが一大人気を博していました。

矢印

Twitterロゴ Instagramロゴ Facebookロゴ

トップページ
シーン
最新曲
曲の投稿

プライバシーポリシー
運営企業
お問い合わせ