MQUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR
QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR OFFICIAL SITEより

Professional eyesvol.02
プロ目線で分析してみた
Queenを結婚式で使いたい

2020.01.30
WRITER
kazuya mitsuda
WiiiiiMの企画
ライター
イベントディレクション、映画劇伴・CM音楽制作、豪華列車エンタテインメント演出など音楽コンテンツ・音楽イベントのプロデュースを行っている。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」ヒット。
ワールドツアーで来日したQUEENは結婚式の音楽でどう使うのか
2018年に公開され日本でも大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』。
この映画をきっかけに日本に“QUEEN旋風”を巻き起こしました。皆さんの記憶にも新しいと思います。 この熱が冷めやらぬうちに今回のQUEEN来日公演が決定し、まだまだ”QUEEN旋風“は終わらない、と、感じていました。
私もこの映画は二度ほど観ましたが、『ボヘミアン・ラプソディ』に関わらず音楽映画は特に感情移入してしまってその世界に没入してしまいます。 そんな音楽映画の中でも名作中の名作だと言えると思います。
ボヘミアン・ラプソディ
出典:amazon
この映画、最後にライブエイドのシーンで流れる『We are the champions』歌詞が字幕で流れ、 この映画の全てが説明されている気がしたと同時にこの曲がどのような曲であるのかやっと知ることが出来たと感じました。
(こちらから歌詞をご覧いただけます)
ひとつ断っておくと私はQUEENをリアル世代に生きていないし、積極的に聞きにいった経験はありません。映画のヒットによって興味を持ったにわかファンに過ぎないと思っています。
「QUEEN +ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」
2020.1.28 京セラドーム大阪にて
縁あって、今回の来日公演に参加することができました。
私は普段イベントの制作や演出なども担当する立場でもあるので、とにかく圧巻の舞台装置や映像演出に目を奪われました。視覚的にも大変楽しめるステージであったと言えます。 この公演は撮影OKだったこともあり、たくさんの映像や写真をSNSやYouTubeでも目にすることができると思うので興味がある人にはぜひ探して観て欲しいです。
ステージは『I Was Born To Love You』『Somebody To Love』などのヒット曲が様々な演出とともに進行されていく。 そして映像技術の進化がもたらしてくれた感動は演出の華やかさだけではなく、その場にフレディ・マーキュリーを連れて来てくれたこと。 ブライアン・メイとの掛け合いは往年のファンは涙が出るほど嬉しかったのではないかと思うのと同時に、にわかファンの私も胸に去来するものがありました。
アンコールでの「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」 「We Are The Champions」はQUEENのライブアンセムなんだと実感し、 やはり世界中で愛される曲であるだけに会場のボルテージと一体感は圧巻でした。と、興奮冷めやらないライブレポートはこれぐらいにしておきます。
QUEENの名曲を結婚式の音楽としていかに使うか
音楽は“自由”なのでファンの方はどのようにでも披露宴の中で使用されていくのだと思いますが、私の視点で敢えて考えてみたいと思います。 まず、映画「ボヘミアンラプソディ」のクライマックスとしてライブエイドのシーンで使われた「We Are The Champions」はその言葉の世界観で”我々は勝者だ わかるかい”と訳されています。
この訳を知り、これまで私が持っていたこの曲のイメージを大きく変えてくれて、「我々全員が我々全員の生き方を互いに讃え、認め合う」と訳されているんだと知りました。
♫ We Are the Champions
♫ We Are the Champions
こういった意味を持つ曲はぜひ「プロフィールムービー」での使用にオススメしたいと思います。 会場に参加するゲスト全員がいたことで新郎と新婦が出逢って、これから二人で人生を歩んでいく。 そして、その関係はこれからも変わらないという強いメッセージを乗せて、ゲストに届けられるのではと感じました。
▼ 『We Are the Champions』の詳細情報はこちらから
We Are the Champions
結婚式での使用組数
8
>
そして、QUEENと言えばロックの要素にクラシックやオペラの要素もモチーフにしたバンドです。 その美しい旋律だけをインストで切り取ると、とても幻想的で、スタイリッシュなシーンを演出できると思います。
そこでおすすめしたいのは「Forever(ピアノVer.)」。
♫ Forever(ピアノVer.)
♫ Forever(ピアノVer.)
挙式の入場時に流すとチャペルの持つ厳かな雰囲気と調和して、美しい入場シーンを演出できると思います。
▼ 『Forever(ピアノVer.)』の詳細情報はこちらから
Forever(ピアノVer.)
結婚式での使用組数
0
>
最後に
結婚式でQUEENの曲を利用するということでこのようなご提案はいかがでしょうか。その他にアッと驚く使い方があるかと思います。 これから様々な使い方とこのウィームで出会うのを楽しみにしています。
▼ QUEENの詳細情報はこちらから
QUEEN
結婚式で使用された曲数 15
結婚式での使用組数
207
>
この記事に関連するジャンルはこちら
ロック
人気曲ランキング
>
他のジャンルを見る
>
この記事に関連するシーンはこちら
プロフィールムービー
人気曲ランキング
>
入場
人気曲ランキング
>
他のシーンを見る
>
MAGAZINE
WiiiiiM MAGAZINE
新着記事
2020-01-23
WiiiiiM MAGAZINE
結婚式の余興で迷っているあなたへ♡2020年の人気余興の曲はコレ!
ご友人や職場の方、ご親族など皆さんにとって大切な方の結婚式。お祝いの気持ちを込めて余興を・・・と思って
3178 View
2020-01-22
WiiiiiM MAGAZINE
30代にオススメな結婚式の曲特集
6198 View
2020-01-17
WiiiiiM MAGAZINE
インスタ女子に大人気♡結婚式で使いたい、かわいい曲まとめ
3875 View
2020-01-16
WiiiiiM MAGAZINE
ゲストのワクワクが最高に盛り上がる入場曲5選
3299 View
2020-01-15
WiiiiiM MAGAZINE
ペットをコンセプトにしたウェディングに♡動物の曲特集
774 View
2020-01-23
WiiiiiM MAGAZINE
結婚式の余興で迷っているあなたへ♡2020年の人気余興の曲はコレ!
ご友人や職場の方、ご親族など皆さんにとって大切な方の結婚式。お祝いの気持ちを込めて余興を・・・と思って
3178 View
2020-01-22
WiiiiiM MAGAZINE
30代にオススメな結婚式の曲特集
2019年現在、30代の方というと1980年(昭和55年)~1989年(平成元年)生まれの方が当てはまりますが、音楽シーンもちょうどアナログからデジタルに移行し始め、アコースティックからデジタルミュージックと様々な音楽が誕生し、大ヒットした時代でもあります。今回は現在35歳のライターが、小学校高学年~成人あたりまででヒットした曲の中から、結婚式でオススメの曲をご紹介します。
6198 View
2020-01-17
WiiiiiM MAGAZINE
インスタ女子に大人気♡結婚式で使いたい、かわいい曲まとめ
3875 View
2020-01-16
WiiiiiM MAGAZINE
ゲストのワクワクが最高に盛り上がる入場曲5選
3299 View
2020-01-15
WiiiiiM MAGAZINE
ペットをコンセプトにしたウェディングに♡動物の曲特集
774 View
記事をもっと見る
>
トップ
シーン
ドレス
ジャンル