• シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • インタビュー
  • 最新曲
  • コラム
  • 迎賓
  • 入場
  • ケーキ入刀
  • 乾杯
  • 歓談
  • お色直し退場
  • お色直し入場
  • 両親への手紙
  • 両親への花束
  • 退場
  • 送賓
2020年3月16日

『Love Story』Taylor Swiftの曲情報 ウィームは結婚式の音楽をランキング形式で紹介するBGMサイトです。

32,890 View

スポンサーリンク

Love Story
9
結婚式での使用組数110組
結婚式での使用組数 110組 👑 総合ランキング108位
💒結婚式では 迎賓にオススメ
いいね 9
Love Storyの視聴動画
Love Storyのサムネイル

スポンサーリンク

『Love Story』の結婚式BGMデータ

Love Storyのジャケット
Love Story
リリース日:2008年11月11日
曲のジャンル:洋楽ポップス
曲の演奏時間:00:03:54
タイアップ:映画『ジュリエットからの手紙』(2010)挿入歌

結婚式BGMシーン/カテゴリ 分析

Taylor Swift『Love Story』はWiiiiiM調べにおいて
結婚式で使用したカップルは110組となっています。
WiiiiiMの結婚式人気総合ランキングは108位となっています。
Taylor Swift『Love Story』のベストシーンは
迎賓です。
この曲は1980年代生まれの新郎に人気が高いです。また、この曲は1980年代生まれの新婦に人気が高いです。

『Love Story』の歌詞・和訳

歌 : Taylor Swift
  作詞 : Taylor Swift
  作曲 : Taylor Swift
We were both young, when I first saw you.
(初めて出会った時、まだまだ2人若かったわ)
I close my eyes and the flashback starts-
(目を閉じるとあの頃がフラッシュバックするの)
I'm standing there, on a balcony in summer air.
(夏の空気の中で私はバルコニーに立ってるの)

I see the lights; see the party, the ball gowns.
(たくさんの照明、パーティーと舞踏会のきらびやかなドレス)
I see you make your way through the crowd-
(人波をかき分けてやって来るあなたを見つめる私に)
and say hello, little did I know...
(「やぁ」って言うのよね、私知らなかったの・・)

That you were Romeo, you were throwing pebbles-
(貴方がロミオだったなんて、小石を投げて合図を送る貴方)
And my daddy said "stay away from Juliet"-
(そしたらパパが言ったの「ジュリエットに近づくな」って)
And I was crying on the staircase-
(その時、私は階段で泣いてたわ)
begging you please don't go...
(お願い、行かないでって)
And I said...
(だから私がこう言ったのよね)

Romeo take me somewhere, we can be alone.
(「ロミオ2人っきりになれるどこかへ私を連れ去って・・」)
I'll be waiting; all there's left to do is run.
(待ってるから・・逃げること、それしか2人には残されていない)
You'll be the prince and I'll be the princess,
(私たちプリンスとプリンセスになるの)
It's a love story, baby, just say yes.
(それが2人のラブストーリー ねぇ、だから「YES」って言って)

So I sneak out to the garden to see you.
(貴方に会うために私はそっと庭を抜け出す)
We keep quiet, because we're dead if they knew-
(静かに・・だって知られてしまったら殺されてしまうもの)
So close your eyes... escape this town for a little while.
(だから目を閉じて・・少しの間この街を離れましょう)

Oh, Oh.
Cause you were Romeo - I was a scarlet letter,
(だって貴方はロミオで、私は罪深き身だもの)
And my daddy said "stay away from Juliet" -
(そしたらパパが言ったの「ジュリエットに近づくな」って)
but you were everything to me-
(でも、貴方は私のすべてだったの)
I was begging you, please don't go-
(私は貴方にお願いしたわ「行かないで」って)
And I said...
(そして私は言ったの)

Romeo take me somewhere, we can be alone.
(「ロミオ2人っきりになれるどこかへ私を連れ去って・・」)
I'll be waiting; all there's left to do is run.
(待ってるから・・逃げること、それしか2人には残されていない)
You'll be the prince and I'll be the princess.
(私たちプリンスとプリンセスになるの)
It's a love story, baby, just say yes-
(それが2人のラブストーリー ねぇ、だから「YES」って言って)

Romeo save me, they're trying to tell me how to feel.
(ロミオ私を守って、彼らが私に自分たちの考えを押し付けてくるの)
This love is difficult, but it's real.
(この恋の進んでいく道のりは困難だわ、だけど本物なの)
Don't be afraid, we'll make it out of this mess.
(怖がらないで、このめちゃくちゃな状況だって乗り越えられる)
It's a love story, baby, just say yes.
(それが2人のラブストーリー ねぇ、だから「YES」って言って)

Oh, Oh.
I got tired of waiting.
(待つことに疲れてしまったの)
Wondering if you were ever coming around.
(貴方が来てくれるのか分からなくなっていく)
My faith in you was fading-
(貴方を信じる気持ちが薄らいできた)
When I met you on the outskirts of town.
(街外れで会った貴方に)
And I said...
(私はこう言ったの・・)

Romeo save me, I've been feeling so alone.
(ロミオ私を助けて、私は一人っきりで寂しいわ)
I keep waiting, for you but you never come.
(ずっと貴方を待ってるのに、それなのに貴方は来ない)
Is this in my head, I don't know what to think-
(これはただの私の妄想だったの?何も考えられない)
He knelt to the ground and pulled out a ring and said...
(すると彼が私の目の前でひざまづいて指輪を取り出してこう言ったの)

Marry me Juliet, you'll never have to be alone.
(「結婚してくれジュリエット、これから君はもう一人じゃないから」)
I love you, and that's all I really know.
(「愛してるよ それだけが真実だから」)
I talked to your dad -- go pick out a white dress
(「君のパパと話してきたから、君はこれから白いドレスを選んでくるんだ」)
It's a love story, baby just say... yes.
(「それが2人のラブストーリーなんだよ、だからどうかYESって言ってくれ」)

Oh, Oh, Oh, Oh, Oh.
cause we were both young when I first saw you.
(初めて出会った時、まだまだ私たち2人若かったわね)

参照元;ティモシーDiary
https://ameblo.jp/moai0920/entry-10849542444.html

スポンサーリンク

結婚式における『Love Story』の曲分析データ

シーン
1.迎賓
18.1%
2.送賓
13.6%
3.お色直し入場
11.8%
4.歓談
10%
その他
46.5%
新郎年代
1.1980年代生まれ
60.6%
2.1990年代生まれ
28.7%
3.1970年代生まれ
7.5%
その他
3.2%
新婦年代
1.1980年代生まれ
63.6%
2.1990年代生まれ
30.3%
3.1970年代生まれ
6%
職業
1.会社員
24.5%
2.医療・福祉
12.2%
3.公務員
4.5%
4.教育
4%
その他
54.8%

この曲についてWiiiiiMからのアドバイス

「You’ll be the prince and I’ll be the princess(私たちプリンスとプリンセスになるの)」と少女の頃夢にまで見たお姫様のような恋を歌った1曲。カントリー調のメロディーで、迎賓や送賓のシーンでBGMとして流せば落ち着いた雰囲気の結婚式を演出できますよ

『Love Story』についてのコメント

選択アイコン
    2019年06月22日 17時27分

ロマンチックな歌詞♪
入場の時に流したらプリンセス気分を味わえそうですね!

選択アイコン
    2015年04月21日 05時07分

友人がカラオケで歌っていて、気になったので

選択アイコン
    2014年10月15日 09時24分

54歳サラリーマンです。若い頃のラヴストーリーを思い出しますね。

選択アイコン
    2014年09月05日 09時08分

いいな~こんな風にプロポーズされたいなw
と思うのはアタシだけ??

コメントを投稿する
お名前
コメント
公式YouTubeチャンネル 《ウィーム【WiiiiiM】》
実際に結婚式で使われた曲をランキングで集計しているサイト【ウィーム】によるランキングの紹介動画です。
ウェディングソングランキングの続きが気になる方は【ウィーム】にどうぞ!
ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル ウィームチャンネル