• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
ウィーム Bridal Standardのロゴ

結婚式のおすすめ最新曲
『ありふれたラブソング』小林柊矢
複雑な表現はいらない。“ただ君を愛してる”それだけでいい。

2021年9月28日

2021年9月23日に「おすすめ最新曲3選 vol.84」で紹介した小林柊矢さんの新曲『ありふれたラブソング』。

昨年8月に発表した「ドライヤー」がSNS上で多くのアーティストにカヴァーされバイラルチャート上位にランクインした注目の若手アーティスト小林柊矢さん。この曲は飾り気のない、ただひたすらに真っ直ぐな想いを伝えるスローテンポのラブソングです。

そんな、新曲『ありふれたラブソング』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージを小林柊矢さんご本人から頂きました。

──『ありふれたラブソング』という曲に込めた想いを教えてください!
小林柊矢さん:
今まで生きてきて、「いい曲」はたくさん聴いてきたと思います。僕もそうです。いいフレーズ、いいメロディー。この世界には数え切れないほどあります。そんな中で、僕は君に一体何を歌えるんだろう?そんな想いからこの曲のAメロへと筆が走りました。

「僕でしか歌えない
君にしか届かない
どんな曲より分かりやすいラブソング」

そこには飾られた言葉も、難しい表現も、複雑なコードもリズムも要らない。「ただ君を愛してる」それだけでいいと思ったんです。だからこの曲はあえて、ほぼ4つのコードしか使っていません。 一見「ありふれたラブソング」だけれど、二人にしか歌えない、”二人だけの”ラブソングです。

あなたの大切な人に想いが届きますように。
──結婚式を控える新郎新婦さんへのメッセージをお願いします!
小林柊矢さん:
結婚。僕はまだ二十歳なので、やっと頭の片隅ですこ〜しだけ意識し始めるようになったくらいですが(笑)、本当に奇跡的なことですよね。「大切な人と一生の愛を誓う」ということは、とても神秘的で素晴らしいことだと思います。これからもお互いに支え合って、寄り添い合って、どうかお幸せに過ごしてください!心の底から、おめでとうございます。
『ありふれたラブソング』小林柊矢の試聴はこちらから
──小林柊矢さんのオススメのウエディングソングを教えてください
小林柊矢さん:
森山直太郎さんの結婚しようよです。
結婚したいって思う時、結婚しようって決める時って、何か深い理由とか大きなきっかけがあったからとかじゃないと思うんです。二人で過ごす何気ない日常の繰り返しの中で、ふと芽生える感情なんじゃないかなって。そんなありふれた日常の1ページからふいに出たような、とても自然な「結婚しようよ」が感じられて、とても好きな曲です。
『結婚しようよ』森山直太朗の試聴はこちらから
小林柊矢さん:
もう1曲が、秦基博さんの風景です。
「僕も少し強くならなきゃねあなたを守れるようにやさしくいられるように」
の部分にこの歌の全てがつまっている気がします。大切な人を何かから守る”強さ”というのはもちろんですが、やさしくいられる”強さ”も必要なんだなって。外的要因よりも、自分たち二人の原因で喧嘩になってしまったりすることが多いと思うんですけど、そんな中で、相手を守る強さより、相手の全てを受け止めてあげられる、やさしくいられる強さの方が大事なんじゃないかと気付かされた曲です。
『風景』秦基博の試聴はこちらから

スポンサーリンク

『ありふれたラブソング』小林柊矢 歌詞

どんないいフレーズも
どんないいメロディーも
ありふれてるこの世界で
一体君に何を歌えるんだろう

「君のピースで人生の
パズルが完成だ」なんて
君に告げたらきっと
笑われるだろう?

だから
僕でしか歌えない
君にしか届かない
どんな曲より分かりやすい
ラブソングなんだよ
世界中探しても
辞書をめくっても無駄さ
二人だけに通じる言葉
つまり そう「愛してる」

『ありふれたラブソング』小林柊矢
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
“僕でしか歌えない 君にしか届かない どんな曲より分かりやすい ラブソングを送るよ”
昨年8月に発表した「ドライヤー」がSNS上で多くのアーティストにカヴァーされバイラルチャート上位にランクインした注目の若手アーティスト小林柊矢の最新曲。この曲は飾り気のない、ただひたすらに真っ直ぐな想いを伝えるスローテンポのラブソング。エレキギターのループが心地よく会場を暖かい空気に包んでくれること間違いなし
おすすめのシーンはプロフィールムービー
プロフィールムービー、もしくは新郎さんから新婦さんへの手紙などサプライズ演出にもオススメです!!

小林柊矢のプロフィール

小林柊矢

2001年1月23日生まれの20歳。神奈川県相模原市出身のシンガーソングライター。

「ドライヤー」「ハッピーエンドの前説」「大人になる前に」「茶色のセーター」に続く、インディーズ5作目となる「ありふれたラブソング」を8月25日にリリース。

ミニアルバム「オトナノカイダン」も好評配信中。

『ありふれたラブソング』小林柊矢 曲情報

で購入
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2022年02月28日
birds (in 2022)/DISH//
2人で手を取り合おうと決めた父と母から産まれてきた。そんな出会いが誰にでも待っている。
2021年01月25日
君と僕はさ/鈴木鈴木
幸せいっぱいの毎日を歌う恋する二人の等身大のラブソング
2020年09月23日
今をください/関取花
ふたりで見つけたこの“今”を大切にして欲しい
2021年06月18日
W/X/Y/Tani Yuuki
愛してるも通り越して、いなくてはならない存在へ
2021年03月03日
Happy Wedding/OZZ
二人の築く人生が暖かく華やかになるように
2022年04月15日
Sweet Day/Da-iCE
本当の純愛を歌っている楽曲。誰かに愛を伝える時に是非

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る