• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲ラブソング/マルシィ

結婚式のおすすめ最新曲 ニューソングス vol.112
ラブソング/マルシィ インタビュー

公開日:2023年11月09日
2023年10月13日に「おすすめ最新曲5選vol.179」で紹介した、マルシィの『ラブソング』。“愛してる”の気持ちをストレートに歌った愛情たっぷりのラブソング。この記事では『ラブソング』に込めた想いをマルシィさんから頂きました。是非結婚式のシーンを想像しながらお楽しみください。
ー“愛してる”の気持ちをストレートに歌った愛情たっぷりのラブソングになっていますね。この曲に込めた想いを教えてください。
マルシィ:
聴いてくれる人が、大切な人をもっと大切に出来るようになったり優しくなれたり、普段は伝えられていない言葉を伝えるきっかけになれれば嬉しいです。
ー11月発売の2ndアルバム『Candle』について教えてください。1stアルバムのテーマは“恋の始まりから愛が終わるまで”でしたが今回はどんなテーマになっていますか?
マルシィ:
このアルバムがキャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて、タイトルのとおり『Candle』がテーマになっています。 制作に時間がかかった曲も多いので、聴いてもらえるのが楽しみです。特に「凪」といった泣ける曲で始まるのが個人的にはグッとくる部分となっています。
ー3曲目の『ミックス』から4曲目の『ラブソング』は恋が愛に変わっていく様が一つのストーリーのように描かれているように感じました。今回のアルバムでは、ストーリーを意識して曲順を選んでいたりするのでしょうか?
マルシィ:
1stアルバム『Memory』ほどストーリー軸が強いわけではないので、曲順通りに聴いたときの解釈が人によって色々な受け取り方が生まれるのではないかと感じています。ご自身の日常や経験を照らし合わせながら聴いていただき、この曲順になった理由を想像しながら聴いて頂けると嬉しいです。
ーZ世代を中心に共感を呼ぶ楽曲で人気を集めていますが、Z世代を心を掴む楽曲をどんなところからインスピレーションを受けて作っているのでしょうか?
マルシィ:
自分の実体験がベースになっていることが多いです!
ー歌詞、メロディ、リズムなど音楽を構成する要素は色々あると思いますが、マルシィが一番こだわっているものは何でしょうか?
マルシィ:
全部大事に、こだわって制作しているので、一番となると難しいのですが選ぶなら歌詞です。メロディもサウンドもだと思うのですが、歌詞はよりダイレクトに聴いてくれる人の耳に心に残ると思うので大事にしています。
ー恋愛ソングが多い印象ですが、今後表現してみたいテーマなどありますか?
マルシィ:
恋愛ソングではない日常の中の心の機微を描いた曲も書いてみたいです。
ー結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
マルーン5「Suger」です。マルシィの「ラブソング」もおすすめです!
・Sugar / Maroon5

スポンサーリンク

ラブソング/マルシィ 歌詞

もしも僕が君に
一目惚れしてなかったら
眠れないくらい不安に…

ラブソング/マルシィ
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
“愛してる”の気持ちをストレートに歌った愛情たっぷりのラブソング。おすすめシーンはエンドロールのBGM。多幸感溢れるメロディーで会場を包み込みましょう。

マルシィおすすめの記事

マルシィおすすめの記事をご紹介します。

2022年11月22日『幸せの花束を』を紹介した記事です。この記事もマルシィさんからメッセージをもらっています。

結婚式のおすすめ最新曲
幸せの花束を/マルシィ
マルシィ:花束は、そんな幸せの象徴、彩り豊かな思い出や日常を花束に...

マルシィおすすめの記事

マルシィおすすめの記事をご紹介します。

2021年8月17日『プラネタリウム』を紹介した記事です。この記事もマルシィさんからメッセージをもらっています。

結婚式のおすすめ最新曲
プラネタリウム/マルシィ
吉田 右京:感じている幸せ、そして幸せがあるからこその心配や不安を綴った...

マルシィ結婚式BGM人気曲

1
ラブソング
マルシィ
2
幸せの花束を
マルシィ
3
プラネタリウム
マルシィ
4
未来図
マルシィ

マルシィのプロフィール

マルシィ

吉田右京(Vo & Gt) / shuji(Gt) / フジイタクミ(Ba)

消せない記憶と生きていくあなたの記憶をうたうバンド、マルシィ。
“なんでこんなに私の気持ちを歌ってくれるの”
SNSの口コミから広がったラブソングが話題を集め、Z世代を中心にマルシィにハマるリスナーが続出。忘れられない恋の記憶を投影したリアルなラブソングが共感を集めている。11月29日にALBUM「Candle」をリリース。

ラブソング/マルシィ 曲情報

<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
ニューソングス vol.9
2020年12月11日
Vent/FIVE NEW OLD
小さな幸せの積み重ねが、いつか何よりも大きな幸せになっている
2,098view
ニューソングス vol.12
2020年12月28日
初めて愛をくれた人/flumpool
自分が知らない両親の苦労や影の涙、様々なことを僕は知らなかったから幸せにいられた
3,352view
ニューソングス vol.63
2021年12月20日
LIFE IS BEAUTIFUL/go!go!vanillas
血の繋がらない他人同士が一つになるには怖さを越え相手を守り合う心の強い絆が必要
7,211view
ニューソングス vol.117
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
829view
ニューソングス vol.59
2021年11月01日
結縁愛〜You&I〜/CAIKI
男女の結婚という素敵な瞬間に花を添えれれば嬉しい
2,294view
ニューソングス vol.97
2023年03月06日
グッドラック/bokula.
bokula.えい「あなたが大切にしたいと思ってしまう時にきっとどこか共感性があるのではないかと考えています。」
1,110view

スポンサーリンク

アクセス数ランキング
インタビューの一覧を見る
ニューソングス vol.39
2021年06月18日
W/X/Y/Tani Yuuki
愛してるも通り越して、いなくてはならない存在へ
21,842view
ニューソングス vol.49
2021年08月30日
ラベンダー/the shes gone
好きな人を大切にしてくれる人まで愛す。優しくそれでいて温かい曲
15,497view
ニューソングス vol.71
2022年03月02日
FINAL PIECE/HYDE
僕と同じ気持ちで貴方がそばに居てくれるなら幸せ
13,235view
ニューソングス vol.79
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
7,284view
最新曲の新着インタビュー
インタビューの一覧を見る
ニューソングス vol.120
2024年07月17日
アイラブ/マルシィ
吉田右京「大切に大切に作ってきた楽曲をたくさん聴いて欲しいし、より多くの人に届くと嬉しいな、届けたいという想いを持っています。」
156view
ニューソングス vol.119
2024年07月05日
ふたつのことば/MADKID
LIN「誰かと一緒に過ごすというのはとても大切な時間なので、その瞬間にこの曲がそばで流れてたらいいなと思っています。」
616view
ニューソングス vol.118
2024年06月13日
お寝み/澤田空海理
澤田 空海理「僕にとって“おやすみ”って特別な言葉で、愛しているってニュアンスに近いと思っています。」
590view
ニューソングス vol.117
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
829view
定番曲の新着インタビュー
インタビューの一覧を見る
スタンダードソングス vol.10
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2,086view
スタンダードソングス vol.9
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
6,602view
スタンダードソングス vol.8
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
3,733view
スタンダードソングス vol.7
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」
4,673view

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る