• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲っていうか、ずっとね/ソナーポケット

結婚式のおすすめ最新曲
っていうか、ずっとね/ソナーポケット インタビュー

公開日:2022年11月03日
7月より3週間ごとにデジタルシングル連続リリースをスタートさせているソナーポケット。この記事では連続リリースの1曲「っていうか、ずっとね」を結婚式におすすめの曲として紹介。また、ソナーポケットがラブソングを大切にする理由など10年以上にわたって「好き」を歌い続けてきた彼らの「今」にも迫っています。
人の心に残り続けるような音楽を僕らは発信したい
ー多くのウェディングソングを届けているソナーポケットさん。なぜウェディングに力を入れているのか、その経緯を教えてください。
ko-dai:
デビュー1年目に結婚式で曲を披露する企画をやりました。その際に結婚式の曲は新郎新婦さんの中でずっと生き続けるんだなと感じたんです。消費されるだけじゃなくて人の心に残り続ける音楽を僕らは発信したいって気持ちがあって、それをきっかけにウェディングで幸せな門出を祝う曲が必然的に多くなりましたね。
僕らはずっとストレートに愛を歌ってきて、やっぱり究極の愛の歌ってウェディングソングになるんだろうなぁと。
みんなが共感できなくても1人の主人公の物語として聴いてもらえればいいかな
ーウェディングソングを書く時に、これはウェディングのどういったシーンで使って欲しい、みたいなイメージはされているんですか?
ko-dai:
曲によっては入場するタイミングでここで扉が開いたらいいなってところまで考えていますよ。例えば「君と見る未来」なんかは僕の歌から始まるんですけど、その後にドアがオープンするイメージですね。あと、「80億分の1 〜to you〜」も同じで扉が開いて拍手が上がるような。
ーこの「っていうか、ずっとね」については?
ko-dai:
入場曲というよりは結婚されるカップルの思い出のプロフィールムービー、エンドロールで流れるイメージですね。
ー「っていうか、ずっとね」はソナーポケットさんのウェディングソングの中ではちょっと違うというか。アレンジもですけど、例えば「ありがとうの前に珍しい」なんて歌詞が出てきて。壮大に愛を歌っていたソナーポケットさんの今までのイメージと少し違うかなと。
ko-dai:
この曲にはモデルがいて。後輩のカップルなんですけど6年間お付き合いをしていて、いよいよ結婚するのかな、って時に喧嘩をしたみたいで。そこから1年くらいかな、同棲はしているんだけど付き合ってるのかどうなのかわからない状態で。
ふたりに会った時に「君たちは今いったいどういう状況なの?付き合ってるの?」って聞いてみたんです。そしたら、ふたり同時に「付き合ってます」って(笑)。
ふたりはようやくモヤモヤがとれたのかなと。長く一緒にいるからこそ確認ができなくなっていること、忘れがちになっていることってあるよなってそのふたりを見て思って。
大切な気持ちを忘れないでもらいたいなという思いと、ふたりがずっと続いて欲しいなという願いから、こういう身近な曲を作りました。
ーなるほど。そのテーマだと入場の曲ではないですね。
ko-dai:
入場以外にも何かふたりの幸せを形づける曲を作りたいなって思ったのと、最近は曲の主人公の半径1メートル以内で起こることをよく歌ってるんですよ。
以前は、最大公約数で共感できるものをイメージして描いてたんですけど、今はみんなが共感できなくても1人の主人公の物語として聴いてもらえればいいかな、と思ってます。
ー7月リリースの「Reborn」から連続リリースがスタート。この企画のテーマとかあれば教えてください。
ko-dai:
手始めに「季節感のあるラブソング」を歌いたいって思って、まず夏シリーズを3曲リリースしました。その後は、感情をテーマにリリースしています。「エンドロール」は、2年半片思いをしている後輩がモデルですが、片想いだけじゃなくて、聴く人によっては、別れた後も忘れられない人への気持ちでもいい。それは聴いたまま感じてもらえればいいかな。
季節、景色、感情、さまざまな形で人を想う気持ちを切り取れたらいいなと思って。
コロナ禍で思ったような活動できない時期もあったので、この連続リリースでいろんな表現をしていきたいです。今まで挑戦してこなかったテイストの楽曲にもチャレンジしているので、新しいソナーポケットを見てもらえたら嬉しいです。
ー今回の連続リリースは切ない曲が多いようにも感じます。
ko-dai:
傷ついて音楽に頼らざるをえない時に僕らの音楽を頼ってくれたら嬉しいなって思ってます。なので、今回は切ない曲が多くなりました。
2011年に世の中で一番聴かれた音楽って僕らの「好きだよ。~100回の後悔~」らしくて。その時おそらく何百万人の傷ついた人たちの心の中に僕たちの曲が届いたと思うんです。だから別れの曲の方が人の心にスッと入りやすいので、幸せな時だけじゃ無くて別れの曲でもソナーポケットって存在に気付いてもらえたら嬉しいなと思ってます。
ー皆さんのおすすめのウェディングソングを教えてください。
ko-dai:
僕は愛を込めて花束をかな。結婚式場で聴くとめっちゃいいですよね。めっちゃ泣きます。結婚式をしっかりまとめあげる曲だなぁと。
あとは玉置浩二さんの花束とか。これめっちゃいい曲なので知らない人は聴いて欲しい。中島美嘉さんに提供した曲のセルフカヴァーなんですけど、中島美嘉さんだとちょっと切ないんだけど玉置浩二さんだと暖かく聴こえるのでおすすめかなと。
『愛を込めて花束を』の試聴はこちらから
『花束』の試聴はこちらから
matty:
僕は木村カエラさんのButterflyじゃないかな。
『Butterfly』の試聴はこちらから
eyeron:
僕はWe Will Rock Youで。
ko-dai、matty:
なんで?(笑)
eyeron:
足を揃えて、手を揃えて、これから歩いていくぞ!みたいなね。結婚式とつながる感じがありますよね。
『We Will Rock You』の試聴はこちらから
ー最後に新郎新婦さんに一言メッセージをお願いします。
ソナーポケット:
笑ったり、怒ったり、泣いたりしながら、これからもおふたりだけの幸せをどんどん増やしていってください。お幸せに。

スポンサーリンク

っていうか、ずっとね/ソナーポケット 歌詞

笑ったり怒ったり泣いたりして
気づけないことに気づけるようになった
結んだり緩んだり繰り返したけど
これからも一緒にいたい
っていうか、ずっとね

っていうか、ずっとね/ソナーポケット
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン

ソナーポケットおすすめの記事

ソナーポケットおすすめの記事をご紹介します。

2021年4月22日『80億分の1』を紹介した記事です。この記事もソナーポケットさんからメッセージをもらっています。

結婚式のおすすめ最新曲
80億分の1/ソナーポケット
「80億分の1からお互いが出会って愛し合うという奇跡を歌った1曲」

ソナーポケット結婚式BGM人気曲

1
100年先まで愛します。
ソナーポケット
2
Promise
ソナーポケット
3
365日のラブストーリー。
ソナーポケット
4
アリガトウ
ソナーポケット

ソナーポケットのプロフィール

ソナーポケット

2005年4月、心に響くメロディーラインとどこか哀調を帯びたヴォーカルのko-dai、本質から目をそらさない真っすぐな言葉を届ける“Mrストイック"ことeyeronにより「ソナーポケット」を名古屋にて結成。

その7ヶ月後、ベーシストからトラックメーカーへ転身したDJのmattyが加わり、ソナーポケットとしての活動が本格始動。

“ソナーポケット"の由来は、いつでも「ポケット」に入れて持ち運べるような心に寄り添う歌を届けたいという願いから命名。結成当初から地元である名古屋での精力的なライブ活動を経て、2008年シングル、「Promise」にてメジャーデビュー。

っていうか、ずっとね/ソナーポケット 曲情報

で購入
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2021年03月03日
Happy Wedding/OZZ
二人の築く人生が暖かく華やかになるように
2022年03月01日
光るとき/羊文学
苦しい境遇を生き抜いた先に、必ず光がある
2022年04月15日
Sweet Day/Da-iCE
本当の純愛を歌っている楽曲。誰かに愛を伝える時に是非
2021年06月08日
Beautiful Now/w-inds.
苦しい時間さえも未来に繋がる美しい時間
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2023年04月18日
すき。/YUTORI-SEDAI
YUTORI-SEDAI インタビュー『好きという気持ちがあれば、色んなことを乗り越えていけるという想いでこの曲を作りました。』

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
2023年09月28日
君は運命の人/舟津真翔
舟津真翔「SNS時代だからこそ『運命は存在する。』と僕自身は強く思っています。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る