• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲グッドラック/bokula.

結婚式のおすすめ最新曲 ニューソングス vol.97
グッドラック/bokula. インタビュー

公開日:2023年03月06日
2023年02月26日に「おすすめ最新曲5選 vol.147」で紹介した、bokula.の『グッドラック』。絶望も希望も笑って楽しんで行こう。そんな思わず笑顔になってしまうようなナンバーです。この記事では『グッドラック』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージをbokula.のGt.Vo.えいさんから頂きました。是非結婚式のシーンを想像しながらお楽しみください。
ー3ヶ月連続リリースでは第1弾“夏の片想い”、第2弾“切ない失恋”ときて、今回の第3弾が“幸せいっぱい”だったのでハッピーエンドに安心しました(笑)ぜひ曲に込めた想い、そして3ヶ月連続リリースのラストにグッドラックを選ばれた理由を教えてください。
えい:
3ヶ月連続リリースをするにあたって一貫してストーリー性を生み出す事は全く考えてなくて、各楽曲による違った角度のbokula.を表現しようと思いました。グッドラックを作詞するにあたってそもそも僕は恋愛や真心みたいなものがちゃんと分かる人じゃありません(笑)。でも、誰かが自分を想ってくれるという優しさには何度も触れてきました。デートをしたりプレゼントを渡したり、目に見える幸せも良いですがもっと内面にある本音、認め合って見つめ合う事がすなわち恋愛や真心の真髄なのでは?と僕は解釈しています。
ー冒頭サビがまさに新郎新婦の入場シーンにピッタリだと思いますが、bokula.の皆さんはどんな場面で使って欲しいですか?
えい:
まさにこんな機会を頂けて『これこれ!』という感じではありますが、もっと幅広くストーリーを感じられる楽曲なのかなと思っています。恋人はもちろん、家族、友達、自分自身。あなたが大切にしたいと思ってしまう時にきっとどこか共感性があるのではないかと考えています。
ーMVの楽しそうなダンスが印象的でした。サプライズや余興などで新郎新婦やご友人が踊ってくれるときっとすごく盛り上がりますね。ダンスを盛り込もうと思った経緯を教えてください。
えい:
僕はMVを作ろう!と思う楽曲には、実は曲制作する最中と同時にMVの映像までイメージしています。その中でグッドラックは僕の頭の中で沢山の人が楽しそうにダンスをしていました。これに関しては本当に僕のビジョンがそのまま反映されていますね。
ーえいさんが思う結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
・愛を込めて花束を/Superfly

えい:
定番かもしれませんが、僕が幼い頃の親戚の結婚式にはよくSuperflyさんの「愛を込めて花束を」や木村カエラさんの「Butterfly」が流れていた記憶があります。 bokula.には「マリーユース」がまさにぴったりじゃないかな?と思う曲もあります。

・Butterfly/木村カエラ
・マリーユース/bokula.
ー最後に新郎新婦様へ向けてメッセージをお願いします。
えい:
僕は2001年生まれ、21歳。まだ結婚とは程遠い人間です。きっと僕が知る由もない幸せや困難があったかと思います。優しくする事だけが"人を想う気持ち"とは呼ばないし、かといって甘えない事が思い合いとは言わないと僕は考えています。帰る場所があるという事の有り難さはいつになっても忘れたくないですね。1日の中にある「おはよう」から「おやすみなさい」までを大切に!

スポンサーリンク

グッドラック/bokula. 歌詞

繋いで二人でいつまでも
ここから始めよう
沢山の幸せを
悲しくなる時はいつだって…

グッドラック/bokula.
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
絶望も希望も笑って楽しんで行こう。そんな思わず笑顔になってしまうようなナンバー。おすすめシーンはお色直し入場。明るくポップな曲調に歩幅を合わせて、おふたりの再入場を始めませんか?

bokula.のプロフィール

bokula.

広島を拠点に活動する4ピース等身大ロックバンド・bokula.。2019年9月、Gt.Voえい、Gt.かじを中心に結成。
2020年4月にLD&K内新レーベル“STAY FREEEE !!!!!!!!” より、1st mini album『いつ失ってもいいように .』を初全国流通リリース。2022年5月、2nd mini album『生活に、寄り添い .』をリリース。
アルステイク、climbgrow、プッシュプルポットらを迎えたレコ発2マンツアーを下北沢シャングリラ、梅田シャングリラを含む全国7カ所にて開催。ツアーファイナルはWOMCADOLEを迎え、地元・広島・CLUB QUATTROにて開催。

<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
ニューソングス vol.57
2021年10月21日
とって/センチミリメンタル
大切な"誰か"と時には転びながらも手をとって生きていけたら
2,470view
ニューソングス vol.40
2021年06月23日
ONLY ONE/SPiCYSOL
それでも、あなたがいればそれでいい。という、一つの愛の形
1,812view
ニューソングス vol.77
2022年05月13日
「君に届け」(A Spring Breath ver.)/flumpool
出会った日から今までのお二人の成長もこの歌と共に感じて欲しい
3,955view
ニューソングス vol.98
2023年03月08日
そばにいるよ/Uru
Uru「バージンロードを歩いている二人を思い浮かべて歌いました。」
4,788view
ニューソングス vol.100
2023年05月04日
恋をしました。あなたに/上野優華
上野優華「真っ直ぐに誰かを愛する素晴らしさがこの曲で伝わったらいいなと思いながら歌っています。」
988view
ニューソングス vol.49
2021年08月30日
ラベンダー/the shes gone
好きな人を大切にしてくれる人まで愛す。優しくそれでいて温かい曲
15,583view

スポンサーリンク

アクセス数ランキング
インタビューの一覧を見る
ニューソングス vol.39
2021年06月18日
W/X/Y/Tani Yuuki
愛してるも通り越して、いなくてはならない存在へ
21,865view
ニューソングス vol.49
2021年08月30日
ラベンダー/the shes gone
好きな人を大切にしてくれる人まで愛す。優しくそれでいて温かい曲
15,583view
ニューソングス vol.71
2022年03月02日
FINAL PIECE/HYDE
僕と同じ気持ちで貴方がそばに居てくれるなら幸せ
13,254view
ニューソングス vol.79
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
7,301view
最新曲の新着インタビュー
インタビューの一覧を見る
ニューソングス vol.120
2024年07月17日
アイラブ/マルシィ
吉田右京「大切に大切に作ってきた楽曲をたくさん聴いて欲しいし、より多くの人に届くと嬉しいな、届けたいという想いを持っています。」
251view
ニューソングス vol.119
2024年07月05日
ふたつのことば/MADKID
LIN「誰かと一緒に過ごすというのはとても大切な時間なので、その瞬間にこの曲がそばで流れてたらいいなと思っています。」
657view
ニューソングス vol.118
2024年06月13日
お寝み/澤田空海理
澤田 空海理「僕にとって“おやすみ”って特別な言葉で、愛しているってニュアンスに近いと思っています。」
631view
ニューソングス vol.117
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
853view
定番曲の新着インタビュー
インタビューの一覧を見る
スタンダードソングス vol.10
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2,102view
スタンダードソングス vol.9
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
6,610view
スタンダードソングス vol.8
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
3,753view
スタンダードソングス vol.7
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」
4,690view

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る