• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲4.11/川崎鷹也

結婚式のおすすめ最新曲 ニューソングス vol.106
4.11/川崎鷹也 インタビュー

公開日:2023年07月07日
2023年04月07日に「おすすめ最新曲5選vol.152」で紹介した、川崎鷹也の『4.11』。我が子への溢れんばかりの愛を込めた歌詞が涙を誘うナンバー。この記事では『4.11』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージを川崎鷹也さんから頂きました。是非結婚式でご両親へ感謝を伝えるシーンを想像しながらお楽しみください。
ーお子様への溢れんばかりの愛情、そして生まれてきてくれたことへの感謝の気持ちがひしひしと伝わってきました。この曲に込めた想いを教えてください。
川崎鷹也:
2020年に子どもが生まれて、成長はうれしいけれど、育児って本当に大変なんだなあ…と痛感しています。でも、「うちの子はきっと僕らを選んでくれたんだ」と僕ら夫婦は信じてきたんです。子どもが大人になった時に「父ちゃんが自分のために書いた曲がある」と思ってもらえるような曲を、今のうちに書いておこうと思って作ったのが『4.11』です。
ー少し気が早いですが、お子様がご結婚する未来を想像してみて下さい。
川崎鷹也:
その未来がいつ来るかは分かりませんし、もしかしたらしない未来もあるかもしれません。どちらにせよ、一生寄り添いたいと思える相手に出会えることが、そもそも素晴らしいことだと感じます。だからこそ色々歩んできた人生において素敵な1日であることは間違いないので良かったね、おめでとう、そしてありがとうと伝えたいです。
ー曲の終盤、コーラス・ストリングスが重なるパートは心が震えました。結婚式でも特に涙を誘う、「両親への花束」のシーンにおすすめの曲として紹介したいと思います。おすすめのポイントはありますか?
川崎鷹也:
きっとご両親も、楽しさや幸せの中にも大変な思いをしながらここまで育ててくれたことと思います。この先色んなことが待ち受けてる結婚生活の上で、少なくとも家族だけは味方でいるという想いも込めた楽曲ですので、サビのスーパーマンや小さなヒーローという部分がピッタリかと思います。
ーMVのディレクションもされているそうですが、見所を教えてください。
川崎鷹也:
実はこのMVに使われている画像や動画は自分を含めた身内、チームのみんなの幼少期や家族の画像動画が使われています。
ー結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
・愛の灯/川崎鷹也
ー最後に新郎新婦様へ向けてメッセージをお願いします。
川崎鷹也:
何気ない日々や、何でもない毎日の中にこそ、幸せや大切なものがあると思います。2人でしか感じられない楽しさや、2人でないと乗り越えられない試練を、2人で楽しめるように。そして愛せるように。ご結婚誠におめでとうございます。末永くお幸せに。

スポンサーリンク

4.11/川崎鷹也 歌詞

少しだけ昔の話
君が来るまでのお話

誰かの為のこの命
なんて思っては無かった…

4.11/川崎鷹也
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
我が子への溢れんばかりの愛を込めた歌詞が涙を誘うナンバー。おすすめのシーンは両親への花束。優しく心温まるメロディーにのせて両親への感謝を伝えてみては?

川崎鷹也のプロフィール

川崎鷹也

1995年生まれ。栃木県出身。一度聴いたら忘れないハスキーな歌声と美しいビブラート、癖になるメロディーラインが魅力。2020年8月、SNSで“魔法の絨毯”が人気となり、同曲のストリーミング累計は、現在3億回再生を突破中!日本レコード協会から『ダブル・プラチナ認定』を授与された。2023年は自身最大規模となる全国ツアー『あなたとぬくもり』を敢行。さらには初の俳優業もスタートさせ、映画『魔女の香水』やNHK夜ドラ『褒めるひと、褒められるひと』に出演。6月14日にワーナーミュージック・ジャパンより3rdアルバム『ぬくもり』をリリースした。

4.11/川崎鷹也 曲情報

で購入
2023/06/14リリース
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2020年12月29日
真冬のハーモニー/中島美嘉 with 藤巻亮太
空から降る美しい雪は儚く消えてしまうけれども、互いを想う暖かい気持ちは消えることない
2022年10月21日
Bestie/有華
有華「いつも支えてくれている友達へ感謝の気持ちを伝えたくて描いた曲です。」
2021年03月30日
HORIZON/SOMETIME'S
前向きなメッセージを紡ぐ素敵な愛
2021年01月25日
君と僕はさ/鈴木鈴木
幸せいっぱいの毎日を歌う恋する二人の等身大のラブソング
2021年03月03日
Happy Wedding/OZZ
二人の築く人生が暖かく華やかになるように
2021年10月13日
オムライス/This is LAST
幸せに悶えるくらいハッピーでどこかワクワクするような曲。

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る