• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
ウィーム Bridal Standardのロゴ

結婚式のおすすめ最新曲
『Happy Wedding』OZZ
「二人の築く人生が暖かく華やかになるように」

2021年3月3日

2021年2月1日に「おすすめ最新曲5選 vol.51」で紹介したOZZさんのデビューシングル『Happy Wedding』。

ボーカルのKEN5さんとSHOGOさんの奏でるハーモニーがドラマティックな雰囲気にしてくれる心温まる1曲です。

"変わらず手をとって 笑い合うような 共に寄り添う 家族でいよう"と新しく家族になる決意とその後の幸せで末長い結婚生活を予感させるハートフルな歌詞が印象的です。

そんな、『Happy Wedding』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージをOZZさんご本人から動画でメッセージを頂きました。

OZZさんからの動画メッセージ

──『Happy Wedding』という曲にどんな想いを込めて書かれましたか?
OZZ:
元々はSHOGOが幼馴染の結婚式をお祝いするために制作した曲ですが、新郎新婦が共に人生を歩んでいく中で辛い事、楽しい事、全ての出来事が『幸せ』と思える様に。そして二人の築く人生が暖かく華やかになるようにと想いを込めています。
──結婚式を控える新郎新婦さんへのメッセージをお願いします!
OZZ:
この『Happy Wedding』は新郎新婦さんのみならず、親御さん、会場に来てくれる方々も幸せにしてくれる、そんな楽曲になっています。
この1曲で皆様に幸せをお届けできると思いますので、是非聴いてみて下さい。
『Happy Wedding』OZZの試聴はこちらから
──OZZさんが思う結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
OZZ:
清木場俊介さんの『幸せな日々を君と』です。
愛を知る度に傷ついて、傷つく度に愛を育む。そんな詞に感銘を受けました。『愛』とは何かを深く考えさせられます。清木場俊介さんの男らしく繊細な声が詞を心に響かせる素敵な曲です。
『幸せな日々を君と』清木場俊介の試聴はこちらから

スポンサーリンク

『Happy Wedding』OZZ 歌詞

空に響く チャペルの音 幸せ運んでくる
大きな地図 小舟に積み ほら今旅に出よう

「幸せ?」なんて
僕を見上げ 聞く君に
「うん」て頷いた
綺麗だよって言えずに...

この先どんな時も どんな未来も
二人でずっと歩いてく
変わらず手をとって 笑い合うような
共に寄り添う 家族でいよう

『Happy Wedding』OZZ
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
幸せで末長い結婚生活を予感させるハートフルなウェディングソング
"変わらず手をとって 笑い合うような家族でいよう"と幸せな結婚生活を予感させる歌詞が結婚式にぴったりです。ドラマティックに歌い上げるボーカル2人の息のあったハーモニーは必聴です。
おすすめのシーンは新郎新婦退場
披露宴のフィナーレを飾る新郎新婦退場をドラマティックな雰囲気で包んでくれる、そんな1曲です。おふたりの結婚生活の末長い幸せを披露宴会場の誰もが願う、そんな素敵な瞬間になること間違いなしです。

OZZのプロフィール

OZZ

2020年12月結成のKEN5とSHOGOによるボーカルデュオ。

元々はそれぞれボーカリストとして活動していたが、DEENの池森秀一に見出され、デュオとして活動開始。

2020年12月9日に配信シングル「Happy Wedding」でデビュー。作詞は、シンガーソングライターの藤田麻衣子とメンバーのSHOGOによる共作で、タイトルの「Happy Wedding」にふさわしく、新郎新婦のお互いを想う愛に溢れた内容で評判を呼んでいる。

『Happy Wedding』OZZ リリース情報

で購入
2020/12/9 配信リリース
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2022年05月13日
「君に届け」(A Spring Breath ver.)/flumpool
出会った日から今までのお二人の成長もこの歌と共に感じて欲しい
2021年08月24日
White Song/心之助
家族や友人達への感謝をテーマに自分の結婚式で制作した曲
2023年01月23日
初めて恋をするように/THE BEAT GARDEN
THE BEAT GARDEN「初めて恋をするように隣にいるからこそ見える彼女を全肯定してあげる優しいラブソングに育ってくれたらと思っています。」
2023年01月05日
運命じゃない人/wacci
wacci「強い恋心を少し可愛く、面白く描くことで、新しいラブソングになればいいなと思っていました。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
2020年12月28日
今夜のクリスマス/川崎鷹也
“今日なら言えるよ” 特別な日に告白を決意した男性目線のラブソング

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年07月17日
アイラブ/マルシィ
吉田右京「大切に大切に作ってきた楽曲をたくさん聴いて欲しいし、より多くの人に届くと嬉しいな、届けたいという想いを持っています。」
2024年07月05日
ふたつのことば/MADKID
LIN「誰かと一緒に過ごすというのはとても大切な時間なので、その瞬間にこの曲がそばで流れてたらいいなと思っています。」
2024年06月13日
お寝み/澤田空海理
澤田 空海理「僕にとって“おやすみ”って特別な言葉で、愛しているってニュアンスに近いと思っています。」
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る