• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲すき。/YUTORI-SEDAI

結婚式のおすすめ最新曲 ニューソングス vol.99
すき。/YUTORI-SEDAI インタビュー

公開日:2023年04月18日
2023年02月26日に「おすすめ最新曲5選 vol.147」で紹介した、YUTORI-SEDAIの『すき。』。“好き好き”で溢れた片思いでも前向きな気持ちになれるラブソング。この記事では『すき。』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージをYUTORI-SEDAIさんから頂きました。是非結婚式のシーンを想像しながらお楽しみください。

YUTORI-SEDAIさんからの動画メッセージ

ーキュートで多幸感を感じさせるメロディーと、なかなか成就しない片思いに悩む女の子の気持ちを歌った歌詞のコントラストが印象的でした。この曲に込めた想いを教えてください。
YUTORI-SEDAI:
好きであればあるほど、そこには後ろ向きな気持ちが必ず付き纏うものだと思います。でも後ろを向けるのは、その恋が前に進んだ証拠であると考えています。なので、幸せな事ばかりではないけれど、好きという気持ちがあれば、色んなことを乗り越えていけるという想いでこの曲を作りました。
ー「好き」と「隙」をかけている言葉遊びがとても印象的でした。
YUTORI-SEDAI:
いわゆる韻を踏む、ということは普段から多く取り入れている訳ではないのですが、作詞をするうえで言葉遊びをよくしています。今回は明るい気持ちになれる楽曲を心掛けて制作したので、自然とこの様な詩を書けたかなと思います。
ーYUTORI-SEDAIさんは切ない曲から幸せな曲まで恋愛ソングをよく歌われていますが、この歌詞の内容はメンバーどなたかの実体験などが、反映されていたりしますか?
YUTORI-SEDAI:
Vo/Gtの金原が作詞作曲をしており、曲の中には金原自身の経験が多く反映されています。実体験ではないものも中にはありますが、多くは金原が過去にお付き合いをしていた1人の女性をモデルにしており、その女性に片想いをしていた時の気持ちや幸せな日々を過ごした時の気持ち、そしてお別れした後の気持ちなどを曲の中で様々な角度から描いています。
ーMVにはさやべびさんが出演していることが話題になりましたね。出演に至った経緯やMV制作時のエピソードを教えてください。
YUTORI-SEDAI:
今回の「すき。」という楽曲が完成した段階で、さやべびさんに出演して欲しいと考えていました。というのも、曲のイメージとぴったりだと思っていたからです。さやべびさんは以前からYUTORI-SEDAIの楽曲を聴いてくださっていたらしく、快諾してくださいました。さやべびさんの明るい人柄もあり、撮影はかなり楽しくリラックスして行うことが出来ました。
ーおすすめのウェディングソングがあれば教えてください。
・幸せにしたいんだ/YUTORI-SEDAI

YUTORI-SEDAI:
自身の楽曲で「幸せにしたいんだ」です。“僕らは不器用でいいさ、だって支え合うために二人でいるんだ”という歌詞があるのですが、これが恋愛や愛情の全てだと思っています。違う人間が出会うので価値観が違っていて当たり前です。そんな時に支え合うために二人で一緒にいるんだという想いがこもっている楽曲なのでおすすめです。

スポンサーリンク

すき。/YUTORI-SEDAI 歌詞

好き好き過ぎるから
ドキドキ動悸 止まらないほどなのにさ

隙がないのあなた
La-la-la…

すき。/YUTORI-SEDAI
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
“好き好き”で溢れた片思いでも前向きな気持ちになれるラブソング。おすすめはシーンはフォトラウンドシーン。優しい声と穏やかな曲調は和やかなムードのフォトラウンドにぴったりですよ。

YUTORI-SEDAIのプロフィール

YUTORI-SEDAI

「西東京発の3ピースロックバンドYUTORI-SEDAI。
2020年に現メンバーとなり本格始動Vo/Gt 金原の切なくも優しい歌声とメロディーは唯一無二の音楽を創り出し、主に「恋愛」を歌う歌詞は、Z世代を中心に共感を呼んでいる。現在は「日本を代表するアーティスト」を目指し、都内を中心に精力的に活動中。」

すき。/YUTORI-SEDAI 曲情報

で購入
2023/02/08リリース
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2021年06月24日
Sweet Home/Ms.OOJA
あんなに大きく見えた背中が小さく感じる時、今の私に何が出来るだろう
2022年12月05日
ウエディング/音田雅則
音田雅則「どんな出会いにも感謝は欠かせない。そう僕は強く伝えたいなと思って曲制作をしています。」
2022年01月13日
You (Prod. SUGA of BTS)/ØMI
大切な人を思い浮かべながら聴いて欲しい
2020年10月02日
よろしく/HAN-KUN
当たり前に居てくれる人への大切さを噛み締めながらこの歌を背にバージンロードを歩いて行って欲しい
2021年08月17日
プラネタリウム/マルシィ
感じている幸せ、そして幸せがあるからこその心配や不安を綴ったラブソング
2021年02月24日
ほんと/井上苑子
大切な人に大切だと伝えられることが幸せだということを伝えたかった

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
2023年09月28日
君は運命の人/舟津真翔
舟津真翔「SNS時代だからこそ『運命は存在する。』と僕自身は強く思っています。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る