• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲Sailing/阿部真央

結婚式のおすすめ最新曲
Sailing/阿部真央
相手への愛情が自分の中にあるうちは愛することを選び続けたい

公開日:2022年3月14日
デビュー13周年記念日の2022年1月21日にリリースされた阿部真央のSailing。 この記事では『Sailing』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージを阿部真央さんから頂きました。 是非結婚式のシーンを想像しながらお楽しみください。
誰かと共に生きるということは必ずしも楽しいことばかりとは限らないし、思いがけず傷つけたり傷つけられたりしながら沢山のことを学んでゆく
ーデビュー13周年おめでとうございます。新たな1年への気持ちが「Sailing」に現れているように思えましたが、コロナ禍になって音楽に対する向き合い方はどのように変わりましたか?
阿部真央:
ありがとうございます。この2年はコロナをきっかけに自分の音楽への姿勢を見つめ直し、やり方や概念を壊して再構築していました。作曲方法をギターからピアノに変えたり、新しい音楽ジャンルに挑戦したり、良い意味でこれまでの道筋を整理しながらリスタートを切った気持ちで音楽に向き合えているので、今はそんな毎日が新鮮に感じられています。
ー新郎新婦様は歌詞の内容を気にしながら選曲されます。Sailingの“愛”にはシンプルな「好き」よりも深みがあるように感じます。どのような想いが込められているのかお聞かせください。
阿部真央:
歌詞の内容やメッセージに注目して選曲されるお気持ちよく分かります。 Sailingの歌詞にあえてテーマを設けると「それでも愛す」という言葉が浮かんできます。 誰かと共に生きるということは必ずしも楽しいことばかりとは限りませんし、思いがけず傷つけたり傷つけられたりしながら沢山のことを学んでゆくことだと感じています。心ない言葉を言ってしまうこともあれば、その逆も然りです。 それでも、相手への愛情が自分の中にあるうちは"愛することを選び続けたい"という気持ちをこの曲では歌っています。 どんな状況でも愛し続けるのはとても忍耐のいることですし、苦しさを伴うこともあると思います。でも、相手を愛することが自分の本音を愛することと等しいと思えるのなら、自分の為にも愛し抜くぞいう決意のような気持ちもSailingの歌詞には込められています。 まどろっこしく長くなりましたが、そんな歌詞です!
ー阿部真央さんが思う結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
阿部真央:
私自身の曲ですと「いつの日も」という曲がウェディングソングとして今でもたくさん使って頂いている印象です。『ずっと その手に抱き止めて』『いつの日も 愛してよ』など、これからも思い合っていきたいという願いが歌詞に込められていて、新たな門出を迎えられるおふたりにぴったりの曲かなと自分でも思っています。
『いつの日も』の試聴はこちらから
ー最後に新郎新婦さんへメッセージをお願いいたします!
阿部真央:
新しいスタートを切られる皆様、本当におめでとうございます! おふたり一緒だからこそ感じられる幸せが、乗り越えられるものが、これからもきっと沢山あると思います。月並みではありますが、力を合わせてこれからの人生をますます一緒に輝かせていかれて下さい。 沢山の幸せがおふたりに降り注ぎますように!

スポンサーリンク

Sailing/阿部真央 歌詞

どれほど傷ついたの? あなたは
信じることも出来ぬほど
でもどんなに怖くても 私は
ふたりを諦めないから

ずるいところも 何もかも愛してる

HA- まだ消えぬ想いを 届けよう もう一度
HA- 愛してるというこの鼓動だけは 守りたいから

Sailing/阿部真央
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
“愛してるというこの鼓動だけは守りたい”
二人の新たな門出にふさわしい壮大なバラード ♪何があっても愛し続ける想いを歌にした「Sailing」は、結婚を誓う二人の決意を表しているような1曲。
おすすめのシーンはメインキャンドル点火
重厚なピアノの音色と力強い歌声が響く大サビでの点火がポイントです!これからの日々が光あふれる毎日であるようにと願ってキャンドルを灯しましょう。

阿部真央のプロフィール

阿部真央

2009年アルバム『ふりぃ』でデビュー。 同世代の女性を中心に幅広い層からの支持を得るシンガーソングライター。 圧倒的な存在感をともなったライブパフォーマンスも高く評価される。

2019年1月にデビュー10周年を迎え、同年1月22日には日本武道館、1月27日には初の関西アリーナ公演となる神戸ワールド記念ホールにて「らいぶ No.8~10th Anniversary Special」を開催。 また1月23日にはキャリア初となるベストアルバム『阿部真央ベスト』リリース。 2020年1月22日に9thアルバム『まだいけます』リリース。 2021年1月20日に自身初となるカバーアルバム『MY INNER CHILD MUSEUM』リリース。 9月からはYouTubeにてオンライン生配信ライブ「AbeMao YouTube Live」を開始。 同年12月新曲『I Never Knew』、2022年1月『Sailing』と2ヶ連続配信リリース。 4月には2年ぶりとなるファンクラブ限定イベント開催予定。 また2020年4月からはラジオレギュラー番組「阿部真央のゴチャゴチャらじお」(毎週木曜日21:00~23:00生放送)がFM FUJIにてスタート。

Sailing/阿部真央 曲情報

で購入
2022/2/1 リリース
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2021年10月22日
特別な日/下北姫菜
みなさんにとっての『特別な日』に聴いて欲しい
2021年01月15日
マリッジソング/THE BEAT GARDEN
特別な瞬間も代わり映えのない毎日でも大切な人としか生まれないドラマ
2023年07月26日
ぐらでーしょん feat. 北澤ゆうほ/KANA-BOON
谷口鮪「グラデーションのように心が染まる、そういったことを歌っています。」
2023年01月05日
運命じゃない人/wacci
wacci「強い恋心を少し可愛く、面白く描くことで、新しいラブソングになればいいなと思っていました。」
2021年03月18日
サクラトーン/有安杏果
新しい人生をスタートするおふたりに寄り添って欲しい1曲
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る