• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
結婚式のおすすめ最新曲キラリ/HY

結婚式のおすすめ最新曲
キラリ/HY インタビュー

公開日:2022年9月13日
2022年6月28日に発売された書き下ろし新曲『キラリ』。 夏にぴったりのアップテンポでハッピーなナンバーで、ガーデンウェディングにぴったりです。 この記事では『キラリ』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージをHYのVOの新里英之さんから頂きました。 是非結婚式のシーンを想像しながらお楽しみください。
ー 恋人たちが過ごす夏がぎゅっと詰まったHY様らしい夏曲ですね!まさに夏婚にピッタリなラブソングだと思うのですが、「キラリ」にはどのような想いが込められているのでしょうか?
新里英之:
キラリと輝くものには、力があり、見ていると元気になれます。海のキラリ、太陽、花、人が頑張っている姿。恋をしている時、あなたのキラリを見つけてほしいという想いを込めています。
ー 編集部ではガーデンウェディング、またはスイーツのタイアップ曲なのでケーキ入刀シ ーンに是非おすすめしたいという声が上がっています。 新里さんは結婚式のどんなシーンで聴いてもらいたいですか?
新里英之:
最後退場のシーンで。 二人には、これからキラリと輝く未来が待っていて、二人が退場をするところが、出発するイメージ重なり、楽曲とリンクするからです。

ーHYの新里さんが思う結婚式にオススメのウェディングソングを教えてください!
・あなたにキス / HY

歌の歌詞の中に「教科書に残れるぐらいのふたりの愛を作っていこうね」というオススメの言葉があるからです。

『あなたにキス』の試聴はこちらから
ーキラリと輝く主役の新郎新婦様に向けてメッセージをお願いします。
新里英之:
これから二人でキラリをたくさん見つけてほしいと思います。おめでとうございます!

スポンサーリンク

キラリ/HY 歌詞

どんなに悔やんでも過去には戻れない
どんなに心配でも未来は分からない
素敵な景色に出会える日も
好きな人に巡り会える
その奇跡を感じる事も
歩き始めなきゃ出会う事はない
今年の夏をスタートの合図にして

キラリ/HY
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
おすすめのシーンはケーキ入刀。HYらしい夏にぴったりのアップテンポでハッピーなナンバーでキラリと輝く新郎とスイーツのように甘く可愛い新婦にぴったりな一曲です。

HYおすすめの記事

HYおすすめの記事をご紹介します。

2021年7月14日「AM11:00 (DJ HASEBE Sea of Love Remix」を紹介した記事です。この記事もHYのメンバーの皆さんからメッセージをもらっています

結婚式のおすすめ最新曲
AM11:00 (DJ HASEBE Sea of Love Remix」/HY
自身の代表曲とも言えるAM11:00を20年近くの時を経てDJ HASEBEのリミックスで復活

HY結婚式BGM人気曲

1
いちばん近くに
HY
2
AM11:00
HY
3
未来
HY
4
ホワイトビーチ
HY

HYのプロフィール

HY

2000年結成。沖縄県うるま市出身。グループ名の「HY」は、彼らの地元・東屋慶名(Higashi Yakena) の地名が由来。2003年2ndアルバム『Street Story』をリリースすると、インディーズとしては史上初のオリコンチャート初登場&4週連続1位という偉業を達成し、ミリオンセラーに。以来、14枚のアルバムをリリースし、累計で600万枚に到達している。彼らのもう一つの特徴として、シングルリリースを一切行わず、アルバムのみ発表で、トップヒッターアーティストになっている。2010年に第61回NHK紅白歌合戦に初出場。2012年10月スタートのNHK連続テレビ小説『純と愛』の主題歌に、「いちばん近くに」が、挿入歌に「二人で行こう」が抜擢され、第63回NHK紅白歌合戦に2回目の出場を果たした。HYの最大の魅力は、LIVE。地元沖縄でのストリートライブには2万人が詰めかけ、大きな話題となる。これまで4度の全47都道府県を回るライブツアーや、全国アリーナツアーを敢行。2007年から海外ツアーもスタート。カナダ、アメリカ(NY、LA、テキサスなど)の主要8都市、台湾、韓国でも実施。ライブバンドとしても日本を代表するアーティストに。更に2011年には、HYとしては初の主催イベント『SKY Fes 2011』を開催。子どもたちに夢、希望を、そしてその想いは空=SKY を通じて繋がるんだ! という彼らの真っ直ぐな思いをコンセプトに、音楽、アート、伝統芸能を集めたFesを発案開催した。また、アウトドア・ワークショップ“HeartY Village”は、その発展系としてスタートしたもの。自然にあるものや、不要になった日用品を使って、楽器作りのワークショップを開催している。『AM11:00』『366日』など、多数のヒットソングを産み出しているHY。2018年8月22日、自身初となるセルフカバーベストアルバム『STORY』をリリース、そのアルバムを引っさげた4度目となる47都道府県ホールTOURは、全会場SOLDOUTとなった。2020年、結成20周年を迎えた彼らは“More Local , More Global”をテーマに地元での活動から県外そして近年は南米(ブラジル・ペルー)での公演も行う。2021年は地元うるま市初の観光大使となる。そして沖縄県世界自然遺産大使としても任命される。2021年12月12日のHY主催の「HY SKY Fes 2020→2021&前夜祭」を皮切りに、2022年3月から「HY HANAEMI TOUR 2022→2023」全国34公演全国ツアーを開催中!9月21日には15枚目オリジナルアルバム「Kafuu」リリース決定!

■リリース15枚目アルバム「Kafuu」
通常盤 2022年9月21日発売

キラリ/HY 曲情報

で購入
ローソン「涼感スイーツ」シリーズのタイアップソングとなる新曲「キラリ」
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2023年06月20日
陽だまり/井上苑子
井上苑子「一緒に生きたいと思ってくれている人がいることを再確認できるような曲になっています。」
2021年10月13日
オムライス/This is LAST
幸せに悶えるくらいハッピーでどこかワクワクするような曲。
2021年04月18日
東京の冬/A夏目
好きな人を誰よりも大切に思う気持ちを送るラブソング
2022年04月18日
LOVE/神はサイコロを振らない
単純明快且つ世界共通語のLOVE、愛
2022年12月08日
1分1秒/もさを。
もさを 。「家族や恋人と支え合うことの大切さを込めた歌になっています。」
2023年01月23日
初めて恋をするように/THE BEAT GARDEN
THE BEAT GARDEN「初めて恋をするように隣にいるからこそ見える彼女を全肯定してあげる優しいラブソングに育ってくれたらと思っています。」

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
2024年02月16日
Love/HY
新里英之「子供たちの成長の為に、周囲の強くて温かな愛が必要で、その大事さに気づいて欲しいという想いを込めて作りました。」
2023年09月28日
君は運命の人/舟津真翔
舟津真翔「SNS時代だからこそ『運命は存在する。』と僕自身は強く思っています。」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

本記事の画像及び文章等はアーティストから許諾を頂いて使用しています。無断転載・無断使用を禁止とさせていただきます。
<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る