• インタビュー
  • シーン
  • ジャンル
  • キーワード
  • アーティスト
  • ドレス
  • 年代
  • 最新曲
  • コラム
  • アーティストヴォイス
  • 最新曲
  • 定番曲
ウィーム Bridal Standardのロゴ

結婚式のおすすめ最新曲
『恋文』佐藤嘉風
「ひたむきに頑張っている一人の女性に恋をして、あふれる気持ちで書いたラブレター」

2021年8月10日

2019年NHKスペシャル「AIでよみがえる美空ひばり」で制作された「あれから」の作曲を担当。叙情的なメロディーと歌声、フォーキーなアレンジが持ち味のシンガーソングライターの佐藤嘉風さん。

新曲『恋文』は、尊敬する女性へのあこがれの気持ちが溢れ出る、心温まるラブソングです!!

そんな、『恋文』に込めた想いと新郎新婦おふたりへのメッセージを佐藤嘉風さんご本人から頂きました。

──『恋文』という曲に込めた想いを教えてください!
佐藤嘉風:
ひたむきに頑張っている一人の女性を尊敬し、しだいに恋をして、あふれる気持ちでラブレターを曲にしました。 1950年代の音楽に影響を受け、古風なサウンドでレコーディングしました。 トランペット、ブギーなピアノ、ギター、シンプルなドラムとベースで スウィングする様な楽しい楽曲に仕上がったと思います。
──結婚式を控える新郎新婦さんへのメッセージをお願いします!
佐藤嘉風:
大切な人と何気ない日常を、たくさん重ねられることはとても素敵ですね! いつの日も音楽がそっとお二人に寄り添ってくれることを願います。
『恋文』佐藤嘉風の試聴はこちらから
──佐藤嘉風さんのオススメのウエディングソングを教えてください
佐藤嘉風:
L-O-V-E / Nat King Coleです。
何よりも人間の生きる喜びに溢れたこの楽曲は 色褪せることなく人生に華を添えてくれると思います。 佐藤嘉風の「恋文」もそうなれる様に僕もまた励みます。
『L-O-V-E』Nat King Coleの試聴はこちらから

スポンサーリンク

『恋文』佐藤嘉風 歌詞

頑張り屋で
ひとりぼっちで
笑顔になった時でも

どこか切ない影がある
そんな君に惚れています
うらららら

うつむきがち 早歩きで
人並みをすり抜けてく時
何を思っているのかな

『恋文』佐藤嘉風
WiiiiiM編集部おすすめポイント

オススメシーン
“もしよかったら君の目に映るこの世界 僕にも見させてくれませんか?”
「恋文」は文字通り、大切な人へ向けた男性目線のラブレター。”僕”の目に映る”君”の好きなところを一つずつ言葉にして伝えていく歌詞にキュンとします。
おすすめのシーンはプロフィールムービー
穏やかなメロディに素敵なお写真が合わさっておふたりの愛情溢れる温かなムービーになるはず!

佐藤嘉風のプロフィール

佐藤嘉風

紅白歌合戦でも披露され話題となったAI美空ひばりの新曲「あれから」の作曲を担当。(作詞:秋元康)

1981年生まれ

小学校の音楽教師だった祖母の影響で幼い頃から音楽に親しむ。 叙情的なメロディーと、心に染み入る歌声が持ち味。

2021年7月にシングル「恋文」を配信リリース

他のミュージシャンからの信頼も厚く、乃木坂46、遊助、Fuki、クレイ勇輝など多くのアーティストへの楽曲提供やレコーディングも行っている。また、桑田佳祐(Southern All Stars)のツアーではコーラスを担当するなど多方面で活動。

『恋文』佐藤嘉風 曲情報

で購入
2021/06/30 リリース
<
アーティストヴォイストップに戻る
この記事を見たあなたにおすすめ
2022年05月13日
「君に届け」(A Spring Breath ver.)/flumpool
出会った日から今までのお二人の成長もこの歌と共に感じて欲しい
2022年09月29日
未来へ/絢香
絢香「いつまでも側で支えられたらと願う親の想いを、この一歩に込めて書きました。」
2023年06月20日
陽だまり/井上苑子
井上苑子「一緒に生きたいと思ってくれている人がいることを再確認できるような曲になっています。」
2020年12月11日
Vent/FIVE NEW OLD
小さな幸せの積み重ねが、いつか何よりも大きな幸せになっている
2021年02月15日
Love Is Life/向井太一
愛こそすべて!と全身で愛を歌った曲
2023年09月28日
君は運命の人/舟津真翔
舟津真翔「SNS時代だからこそ『運命は存在する。』と僕自身は強く思っています。」

スポンサーリンク

最新曲の人気インタビュー
一覧を見る
2023年11月01日
With/幾田りら
幾田りら「心の限りを尽くして大切な人を想い続けること。人と人とが紡ぎ合う絆の尊さを、このラブソングに全力で注ぎました。」
2023年12月01日
これからもよろしくな/ベリーグッドマン
Rover「大切な人を守っていくという想いが乗った、色々な”これからもよろしくな“が重なった曲なんですね。」
2022年07月18日
それを愛と呼ぶなら/Uru
Uru「大切な人へ向けて自分の中で大きな決心をする曲になっています。」
2023年11月09日
ラブソング/マルシィ
マルシィ「キャンドルのように、聴いてくれる人の心を少しでもあたたかく明るく出来ればという願いを込めて作りました。」
最新曲の新着インタビュー
一覧を見る
2024年06月13日
お寝み/澤田空海理
澤田 空海理「僕にとって“おやすみ”って特別な言葉で、愛しているってニュアンスに近いと思っています。」
2024年05月13日
present/THE BEAT GARDEN
U「愛の正体を知らないという7人と僕自身の共通点に感情を向けて書いていきました。」
2024年04月12日
I LOVE YOU/みさき
みさき「恋人のことが好きすぎてたまらない気持ちを歌詞につめこんだ一曲になっています!」
2024年03月20日
ウェディング・ベルが聴こえる/佐藤嘉風
佐藤嘉風「彼女を育てたご両親が僕たちが目指す家族なんだと感じて、ただのラブソングを越えて、ウェディング・ベルを鳴らそうと考えました笑」
定番曲の新着インタビュー
一覧を見る
2023年07月28日
ありったけのLove Song/ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ「おふたりの最高の日に是非、一緒に盛り上げるべく色を添えられてたらなと思います。」
2023年07月14日
渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣
倉木麻衣「せつない恋愛感情と情景が浮かぶように”から紅“の奥深い色合いや、和の雰囲気をイメージしました。」
2022年09月27日
アンマー/かりゆし58
前川真悟「母ちゃんに「産んでくれてありがとう」を初めて伝えたのが後々曲になった。」
2022年07月21日
100万回の「I love you」/Rake
Rake「ここぞという時には100万回 I love youって気持ちを伝えたいんだという男の思いを歌詞にしました。」

スポンサーリンク

<
アーティストヴォイストップに戻る
<
トップページへ戻る